雪の重みは開口部と屋根への伝熱に注意

雪の重みは開口部と屋根への伝熱に注意 設計

ツーバイフォー工法においても積雪荷重は耐力壁次第

窓やドアがたくさんあったり、大きな窓で壁面積が少ないと建物全体が変形しやすくなります。

積雪荷重にも壁面量を加味して構造の計算がされます。

窓やドアの面積は大きくできない

窓やドアの面積は大きくできない。
壁面積を50%以上は残したい。

軸組み工法も同様で、柱や梁の断面を大きくしたり本数を増やしたりますが、面積が大きいドアや窓が設置できません。

それでも豪雪地では雪下ろしが年に数回は必要で、怠るとたちまち建物が傷みます。

雪国の建物は南国にあるテラスハウスのように、大きな掃き出し窓をあまり見かけませんよね。

小屋やタイニーハウスにおいては、建築面積が小さいので積雪量もほぼ比例して少なくなりますが、豪雪地帯では荷重に注意しなければなりません。

意外に重い、小屋に積もる雪

意外に重い、小屋に積もる雪

「1mくらい雪が降る地域なんですが、木造の小屋は大丈夫ですかねー?」とお問い合わせをいただきました。

PANELHOUSEは北海道の道央地区で開発され、その地域の積雪事情に応じて開発してきました。

構造強度は計算しましたが、オプションで窓やドアを追加できたり位置が選べるので、選択によっては補強が必要だったり窓など開口部を減らさないといけません。

雪に耐えるには壁面積が必要

雪に耐えるには壁面積が必要

キットの完成後、お客様がDIYで改造して窓を後から作ったりしても、最低限の壁面積を確保できるように、四隅に455mmの壁面が残る設計にしました。

これで雪への備えが完全ではないですが、小屋の設計時には参考にしてください。

多くの積雪が予想されるときは、窓やドアの開口部面積を少なめに計画し、壁がゆがまないようにバランスよく配置するようにしましょう。

また、暮らしている人はわかりますが、雪の重さは地域や季節でいろいろあります。

積雪深だけで判断しない

では、1立方メートルあたりの雪の重みはどれくらいかと調べると、

  • 降ったばかりの新雪:約70kg
  • 降ってから1カ月くらい経った締まった雪:約200kg~
  • 氷になった雪:500kg以上

なんと、重たい雪は新雪と7倍もの比重の開きがあります。

どんな雪がどれくらい積もるのか把握しましょう。

日本海側の湿った雪が降る地域の質問には、積雪深だけでなく比重にも注意する必要があります。

耐えても建物変形で開口部が…

積雪の荷重に耐えていても、ドアの枠が少し変形してて開けにくいことがあります。

建物が積雪の荷重に耐えていても、ドアの枠が少し変形してて開けにくいことがあります。

木造の場合はひずみがおきやすく、建物全体がわずかに変形している可能性があります。

大抵の場合は、雪下ろしをすれば元に戻ります。

豪雪地で暮らしたことがある人は、建物への悪影響をさけるための屋根の雪下ろしの大切さをよく知っています。

屋根の軒先にも注意

屋根の軒や庇の部分にも雪の重みがのしかかります。

雪庇という風雪でできた雪のカタマリによって、軒先が壊れたりすることがあります。

別の建物から落雪があったり、道路の除雪により雪がかかる条件ですと、建物の構造では耐えることができない外力がかかります。

雪庇という風雪でできた雪のカタマリによって、軒先が壊れたりすることがあります。
北海道でも豪雪地のニセコで屋根が破損した例

雪下ろしはアスファルトシングルに注意

ツーバイフォー工法においても積雪荷重は耐力壁次第

屋根の雪下ろしをする時に、氷や雪庇を無理にはがそうとするとアスファルトシングルが破れる恐れがあります。

室内で暖房を使用すると屋根に熱が伝わり、屋根上の積雪が解けてアスファルトシングル付近が凍り付いていることがあります。

薪ストーブを設置するときなどは屋根に熱が伝わり、積雪が融けて再度氷になり屋根材を痛める原因となります。

アスファルトシングルの破損を防ぐために雪下ろしの際は、屋根上の雪は20cm厚ほど残してください。

雪下ろしはアスファルトシングルに注意

⇒暑さ寒さで断熱を考え「住める小屋」実現?

コメント

タイトルとURLをコピーしました