暑さ寒さで屋根断熱を考え「住める小屋」実現?

暑さ寒さで断熱を考える 小屋を作る

夏の暑さ、冬の寒さを思い出してください。

住宅同様に小屋でも、室内の暑さ寒さを考えて計画しないと後悔します。

木造ハウスやログハウスでは薪ストーブをイメージしますが、しっかり寒さへの断熱を考える事が重要です。

セルフビルダーの失敗に多いのが、無計画に「とりあえず作業を始めてしまう」ことです。

住める小屋を作る方も多くなり、より計画と設計が大切になってきました。

断熱は後付けでは効果が得にくく、設計段階から入念な検討が必要です。

では、断熱はどこから手をつければいいのでしょうか?

寒さの断熱はドア窓から屋根へ

木製ミニログキットハウスにも重要な建物の熱損失

室内の熱を失う建物放熱の約70%は、ドアや窓の開口部から失われます。

寒さに対して小屋(低断熱建物)断熱するときに、最初に検討すべきはドアや窓の開口部です。

意外とガラスなどの窓面やサッシから熱が逃げやすいのです。

建付けが悪いとドアの隙間からも熱が逃げてしまいます。

「樹脂サッシ+複層(ペア)ガラス」は「アクリル樹脂窓」に比べて断熱性能が約3倍以上あり、その効果がとても実感できるでしょう。(※熱貫流率において)

雪には屋根断熱も必要

冬に暖房するときは、天井付近の熱を屋外に伝えない屋根断熱が必要です。

薪ストーブを使ったりする冬の暖房には、天井付近の熱を屋外に伝えない屋根断熱が必要です。

屋根が暖まるとその上の積雪を融かし、融雪凍結を繰り返すと屋根資材を痛めることになります。

そして、屋根資材の痛みがひどくなると、雨漏りの原因となります。

屋根断熱すると暖房効率も良くなりますし、屋根上に熱が伝わりにくくなり、積雪を融かすこともありません。

なので、雪が降る地域に屋根断熱はおすすめなのです。

断熱すれば氷点下でも寝泊まりできる「住める小屋」

屋根と壁があれば風雨は避けることができますが、寒冷地で冬に寝泊りするには断熱施工が不可欠です。

断熱しない小屋で氷点下の中、寝泊りするのはとても厳しいです。

私は何度もPANELHOUSE展示場で経験してますが、断熱した住める小屋は、外気が氷点下でも快適に眠れます。

電気ヒーターを微弱で付けて寝てましたが、寒いと感じることはありませんでした。

断熱施工することで遮音性も高まり、室内が静かになるのもメリットです。

暑さの断熱は屋根から

夏の太陽熱が屋根から室内に入り込むのを防止する効果もあります。
屋根断熱は太陽熱が室内に入り込むのを防止

直射日光を受け続ける屋根の温度上昇は激しく、屋根断熱は夏の太陽熱が屋根から室内に入り込むのを防止する効果があります。

クーラーの効きが良くなり省エネでエコです。

南国特有の豪雨の時に、室内が雨音で轟音になることも防いでくれます。

ただし、室内暑さの原因は屋根だけではない

熱気が入り込まないように屋根断熱をおすすめしますが、暑さを防ぐために屋根断熱だけでは解決しません。

西日をモロに受ける条件だったり、窓の向きや数、換気や構造も影響してくるため、暑さ対策すべてを屋根断熱だけでは解決できないのです。

小屋の屋根断熱方法

屋根断熱はクーラーの効きが良くなり、省エネでエコです。
押出し発泡ポリスチレンは施工しやすい

屋根断熱は完成後に追加して施工することが困難で、小屋を作る前に屋根断熱するかどうかを決めておいた方が良いでしょう。

スタイロフォーム(押出し発泡ポリスチレン)系の資材ならホームセンターで手に入りやすく、施工も難しくはありません。

断熱の決め手は、気密テープで隙間なく

ただし、継ぎ手などを隙間なく気密テープでしっかり塞がないと断熱効果を得られません。

断熱材をピッタリ隙間なく並べて、継ぎ手は丁寧に気密テープでとめるのがコツです。

小屋の屋根の断熱方法につきましては、下記をご参考にしてみてください。

継ぎ手は気密テープでとめる。
断熱効果の決め手は気密

木は高断熱

木材の断熱性能はコンクリートの11倍、レンガや土の4倍です。
※熱伝導率をもとに計算してます。

木材の断熱性能はコンクリートの11倍、レンガや土の4倍です。

頑丈なレンガやコンクリートの断熱性能は意外に低く、木造は断熱にとても有利なのです。

断熱に有利な木造の性能を、さらに引き出すのが断熱設計ですので、DIYで小屋を作る方も、ぜひ断熱計画してみてください。

屋根とともに、断熱を検討したい開口部

ドア窓の開口部は、サッシの気密性断熱性、複層ガラスの断熱性は効果を実感しやすい。

セルフビルドする方は、壁から断熱をする人が多いです。

壁断熱は間違いではありませんが、もっと効果を実感できるのは、屋根や開口部なのです。

屋根についてはご紹介のとおりですが、ドアや窓の開口部はサッシの気密性断熱性、複層ガラスの断熱性は、壁にグラスウールを入れるよりも、効果を実感しやすいです。

小屋のような小さな建物の場合、壁の断熱は、屋根と開口部の断熱の後回しで良いと思います。

断熱の費用を見積ろう

小屋であっても、断熱資材の費用がけっこうかかります。

小屋であっても、断熱資材の費用がけっこうかかります。

屋根断熱で使う押出し発泡ポリスチレン等は、単価が¥2,000~¥3,500/m2で、厚みや性能により単価が変わります。

気密テープや各種シート、追加合板など、様々な資材を合わせると、屋根断熱のために数万円から十万円を超えたりして予算が必要になることもあります。

屋根断熱はその効果を実感できますが、計画の時に予算を把握しておく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました