合板の裂け目って強度は大丈夫なの?

合板に、割れや裂け目があっても心配ないのでしょうか? 小屋を建てる

ツーバイフォー材や貫や桟木という無垢の木材と違い、コンパネ、ベニヤなどの合板は数層の薄い板(単板)を貼り付けて製造されてます。

普通の木材とちょっと違う合板に、割れや裂け目があっても心配ないのでしょうか?

クレームが多い裂け目

合板の表層単板に割れや裂け目があると、問い合わせやクレームを多く受けました。

合板の表層単板に割れや裂け目があると、問い合わせやクレームを多く受けました。

割れや裂け目は、見た目で心配になることが原因と思います。

丁寧にお客様の話を聞いていると、合板の強度特性が知られていないことがわかりました。

一般の方は、合板の製造方法や工程を知らないため、製材の木板と同じように割れが走ると、分断してしまうように想像されています。

JAS規格工場なら心配なし

合板製造工場出荷でJASの規格以内であれば、耐震構造上は問題ないです。

合板製造工場出荷でJASの規格以内であれば、耐震構造上は問題ないです。

耐力壁となる構造用合板の構造は、中芯、中板などと呼ばれる単板が、数層にわたり交互に互い違いに繊維方向を交差させて接着しています。

表面の単板に裂け目があっても、耐力壁として面材全体強度は落ちないと判断されているのが、JASの規格です。

接着したい要望が多い

問い合わせやクレームをいただき、対応を一緒に考えていると、「補修方法」について接着しようと考える方も多くいます。

上記のとおり、構造上の問題がないことを理解いただいても、接着をしたいという方は意外と多いです。

裂け目がある合板は、透湿シートや内装、外壁で見えなくなるのにです。

やらないより良いかも…

木工パテの補修をおすすめしてます。

どうしても補修したいという方には、やらないよりは補修した方が良いので、接着よりも木工パテの補修をおすすめしてます。

木工で合板に直接塗装するときには、節穴をふさいだりする下地調整の必需品です。

しっかり乾燥させてから、表面をサンドペーパーで仕上げます。

合板は乾燥収縮がおきにくい

丸太を製材して削り出した無垢の木板の場合に「割れ」は、表裏まで通る可能性が高いです。

要するにパカッと二つに分断してしまう恐れがあります。

乾燥が不十分だと木材内の水分が抜けて収縮がおこり、さらに「割れ」が進むことがあります。

何層にも単板を接着して作る合板は、ほぼ、乾燥収縮がおきません。

これは合板でも注意

折れている

少しでも折れ曲がっているのは強度上に問題がでてきます。

割れや裂け目が心配ないと申しましても、少しでも折れ曲がっているのは強度上に問題がでてきます。

大きな外力がかからないと折れ曲がりませんが、折れた合板の補修方法は交換以外にないでしょう。

耐力壁では地震や風圧で外力がかかりますので、折れなどの破損がある合板は交換しましょう。

合板も腐る

長期間、風雨にさらしておくと、合板も木材なので腐朽します。

小屋に使用しても同じで、壁面を合板そのままで風雨にさらすと、カビが発生したり腐朽が始まります。

合板に使用している接着剤は、紫外線や水に弱いので、単板がはがれてきます。

簡単ハウスなどとして小屋を作るときでも屋外には、外壁を使用したり耐候性を考慮する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました