外壁仕上げのよろい張りで気をつけたいこと

外壁仕上げのよろい張りで気をつけたいこと DIYの前に

外壁材に板材を重ねてはりつける「よろい張り」は、外壁面が平らな市販されてるサイディング張りと比較して、表面が”段々”となって木製の良さ立体的にでます。

山小屋やタイニーハウスには、特殊なサイディング材を除いて外壁材には合板や集成材ではなく、無垢の板材を使用されることが多いです。

PANELHOUSEでは北海道産のカラマツを外壁材として、よろい張りで仕上げていました。

DIYで小屋を作る時に、よろい張り外壁仕上げで気を付けておくことを紹介します。

無垢の外壁材は必ず塗装しよう

外壁材をよろい張りするなら、必ず木材防腐塗料を塗るようにしましょう。

外壁材に何も塗らない無塗装ですとカビの発生が懸念されます。

ビス釘穴や外壁材の重ね部分に雨水が溜まりやすく乾燥しにくいので、腐朽がはじまりやすいと考えられます。

PANELHOUSEで使用していたカラマツ外壁材は少し特殊で、樹種の耐久性が高いので何も塗らずに使用してもカビやシロアリの食害等で大きな問題がおきた例がありません。

一般的なスギやパイン材を使って外壁をよろい張りするなら、必ず木材防腐塗料を塗るようにしましょう。

外壁材塗装は、張る前に

外壁材は取り付ける前に寝かせて、平らな面で塗装してから取り付ける方がおすすめです。
先に塗装を

「屋外側には出ない裏面のプレナー加工したツルツル面にも塗装した方が良いのか?」という質問を受けます。

それほど大きな防腐効果は得られませんが、塗らないよりは塗った方が良いという程度ではないでしょうか。

外壁材の塗装は外壁を取り付けてからは塗りにくくなり、塗料をこぼしてしまって無駄もでやすく、塗りムラも多くなります。

外壁材は取り付ける前に寝かせて、平らな面で塗装してから取り付ける方がおすすめです。

無垢板は収縮膨張が激しい

収縮が始まり、板材は幅寸法の収縮が大きくなります。

無垢の板材を外壁材に使うときは、収縮膨張による寸法変化に注意が必要です。

人工乾燥されている板材や製材でも、湿度が高い時や雨が多い季節は湿気や水分を含んで膨張します。

真夏の直射日光を受けたり乾燥が続く季節は、木材内部の水分が低下して収縮が始まり、板材は幅寸法の収縮が大きくなります。

無垢の外壁材は乾燥しやすく水分を含みやすいため、頻繁に体積が変化しサイズが変化することに留意しましょう。

材長方向にはあまり変化しません

収縮膨張の幅変化は、材長方向はほとんど変化せず、外壁材の板方向が大きいです。

収縮膨張の幅変化は、材長方向はほとんど変化せず、外壁材の板方向が大きいです。

これは年輪の幅が収縮したり膨張するからで、年輪の線と線の間に水分が出入りして寸法を変化させています。

外壁材を取り付ける時の注意点

簡単に考えがちな外壁仕上げですが無垢の板材を使うときに、細かいですがいくつか注意点があります。

板幅方向に釘を2本打ち込まない

材長方向には何本かのビスで止めても良いのですが、幅方向には2本以上のビス釘でとめることはおすすめできません。

板材は幅寸法が大きく変化しますから、幅方向に2本以上のビスで止めてしまうと、外壁材に割れが出る可能性が高くなります。

これを防ぐために無垢の外壁材を取り付ける時は、板材が伸び縮みしても良いように取り付けなければなりません。

材長方向には何本かのビスで止めても良いのですが、幅方向には2本以上のビス釘でとめることはおすすめできません。

1本で外壁材を吊り下げるようなイメージで取り付けるのです。

注意!貫通と打ち込み過ぎ

よろい張りするときに板を重ねた部分に1本の釘で重なる2枚の外壁材を貫通させると、幅方向に2本のビス釘でとまることになってしまいます。

見た目にはビス釘が1本でとまっているように見えても、結果的には幅方向に2本となり外壁材の割れを誘引することになります。

外壁材は薄いので割れやすく、釘やコーススレッドを打ち込みすぎて割れる事があります。

無垢の外壁材にはビス釘を打ち込みすぎないように注意しましょう。

外壁材のジグを用意すれば一人でも

取り付けジグがあれば、時間がかかりますが一人でも外壁取り付け作業が可能
ジグを使った取付

キットでは、外壁材の働き幅(重ね幅)を規定した「取り付けジグ」を同梱して作業しやすくしてました。

外壁間隔を一定にして高さを合わせやすい取り付けジグがあれば、時間がかかりますが一人でも外壁取り付け作業が可能です。

時々、高さの確認を

三段ごとに高さの確認を

乾燥材であっても無垢の木材のサイズは、誤差が大きくて精密ではありません。

前記のとおり、板の幅方向は収縮膨張の影響を受けやすく一枚ずつ寸法の信用ができませんので、下から外壁材を張り進めていくときには、三段ほど毎に全体の高さの確認をしてください。

どっちの面が屋外側か?

カンナがけしたプレナー加工でツルツルの面が裏側、つまり下地壁側に取り付けられて屋外に出るのはザラザラした面

無垢の外壁材は片面プレナー加工されているのが一般的で、カンナがけしたプレナー加工でツルツルの面が裏側、つまり下地壁側に取り付けられて屋外に出るのはザラザラした面です。

その理由は、防腐塗装するときにツルツル面よりもザラザラ面の方が塗る面積が多くなり、それだけ木材防腐剤を塗る面積が確保できるため、防腐効果が高まるとされています。

ツルツル面が下地壁側になるのは、外壁材を取り付けた時に外壁面が平らになり、ぴたっと密着しやすくするためです。

メンテナンスフリーな無垢の外壁材

よろい張りはどこかの段の外壁材が破損しても、その段の外壁材だけ張り替えることができる手軽さもあります。

少しコツが要りますが、外壁材の交換が効くためメンテナンスしやすいといえます

外壁材の節抜けを直すには?

完成してから数年経過して板材の節抜けで外壁に穴が開いてしまったり、小さかった割れが広がって目立ってしまうことがあります。

板材の小さな修繕のために、外壁材一枚を交換するのはもったいないですし作業が面倒です。

そんな時は乾燥も速く塗料のノリも良い、節抜け補修は「木工パテ(外部用)」をおススメします。

木工パテは塗装のノリが良くて、キレイに仕上げると補修がわからなくなるぐらいです。

よろい張りは難しくないし、安く仕上がる

よろい張りは難しくないし、安く仕上がる

見た目が木製らしさが出てうまく仕上げると高級感も出る無垢板を使ったよろい張りは、工夫すれば安価に仕上げることができます。

ご紹介とおりいくつかの注意点がありますが、塗装して張り付けていくだけのセルフビルドできる簡単なDIY作業です。

長さは短くてもOK

短いサイズの外壁材はねじれや曲がりが少ない

外壁材の材長は長い方が張り進むスピードが早くてラクですが、曲がりやねじれも起きやすく2m以下の外壁材の方が安定して張りすすめられます。

むしろ短いサイズの方がねじれや曲がりが少ないので、DIY初心者の方は扱いやすいかもしれません。

外壁材を買う時に長さにこだわりを無くせば安価に調達することもできたりしてお得で、乱尺と呼ばれるサイズは「いろいろな材長寸法」という意味です。

野地板を外壁材へ代用するのはどうか…

大型ホームセンターで12mm厚の板材を探していたら、スギの野地板を見つけました。

本来は野地板なので屋根の下地板として使われる木材ですが、板幅も180mmあったので防腐塗装すれば外壁材に使えるのでは…と思いました。

野地板の価格は手ごろで、市販のサイデイングを使うよりも安く仕上げることができます。

私は外壁材に使用したことが無いので何とも言えませんが、サイズ的にはアリだなと思いましたので、小屋を作る前で興味ある方は一考されたら良いと思います。

↓外壁材の張り付けを含むPANELHOUSEの仕上げです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました