重量ブロックを使った小屋基礎は?

重量ブロックを使った小屋基礎は? 基礎

小屋の基礎を最も簡単に作るのは、重量ブロック(基礎ブロック)を利用する方法です。

物置や山小屋で小さな小屋を作るのでしたら、重量ブロックの基礎でも良いかもしれません。

重量ブロックを基礎として使うときの注意点についてまとめてみました。

重量ブロックとは

重量ブロックを利用して小屋の基礎を作る時は、均等に荷重がかかるように水平に気を遣って設置することが求められます。
ホームセンターで販売

JIS(日本工業規格)で規定されたコンクリートブロックA種、B種、C種などがあり、圧縮強度と単位重量の違いがあります。

軽いA種は軽量ブロックと呼ばれ、重量が重いC種が重量ブロックと呼ばれてます。

重量ブロックは主にブロック塀で積み上げて使われますが、小屋の基礎として利用するのは例外的で、躯体の重量が集中してかかると、重量ブロックは簡単に割れてしまいます。

重量ブロックを利用して小屋の基礎を作る時は、均等に荷重がかかるように水平に気を遣って設置することが求められます。

重量ブロックの強度

重量ブロックはA種やC種などの種類があり、ブロックの強度が違います。

C種が強度が高く、A種の約2倍あります。

一般的に基礎ブロックとして利用できるのはC種の重量ブロックですので、買い物時には間違えないようにしてください。

C種重量ブロックの公表されてる圧縮強さを8N/mm2とした場合、ブロック穴の評価にもよりますが1個当たり100kgくらいには耐えられると思います。

しかし、小屋の傾きや基礎の沈下、積雪荷重がかかった場合に、荷重が集中してしまうことがあり、ブロック1個当たりの耐荷重は数十kgにとどめて、重量ブロックの個数を求めて設計すると良いと思います。

重量ブロックのサイズ

左:高さ10cm、右:高さ15cm

重量ブロックには高さが10~15cmのものがあり、半分に切られた半切り(19×19cm)という小さなブロックがあります。

床下の空間は、雨水のはね返りや通気性を考えて、15cmのブロックを選び床下の通風を確保することが望ましいと思います。

ただし、床面も高くなるので、使い勝手を考えるとステップやスロープ(自転車等を格納する場合)設置を検討しましょう。

半切りのメリットデメリット

半切り重量ブロックは、軽くて運びやすく、水平に設置するのも作業がラクです。

地盤に接する面積が半分になるので、地盤が軟弱な場合は、基礎の基礎に捨てコンクリートを打設して地盤支持力を上げるか、半切りブロックを避けて通常サイズのブロックにしましょう。

締め固まった地盤なら半切ブロックを設置するのがおすすめで、個数が多くなりますがそれでも水平設置がラクなので作業が早く終わります。

重量ブロックでも小屋を固定しよう

に金属のプレートが付いて床資材と固定できるタイプの束石

重量ブロックを小屋の基礎にする時の最大の問題は、小屋と固定していないことです。

強風や地震による小屋のズレを防ぐために、四隅の基礎だけでも羽子板付き束石を使ったり、地盤と直接固定する工夫をすべきでしょう。

羽子板付き束石とは、束石の上部に金属のプレートが付いて床資材と固定できるタイプの束石です。

「ビス止めホールダウン建築金物」と呼ばれる金具を利用して直接地盤と固定して備える方法もあります。

⇒強風対策に基礎との緊結が必要?

重量ブロック設置の注意点

一見すると簡単そうな重量ブロックを利用した小屋の基礎ですが、設置する時のコツや注意するところを紹介します。

傾斜地のブロック基礎

高低差10cm程度なら、重量ブロック2段積みで調整が可能で、水平器を使って計算して、必要な高さを割り出す。

小屋の設置場所に高低差10cm程度の傾斜がある時に、重量ブロックはどのように置いたらいいでしょうか?

雨水が滞留する所は建物によくないので、傾斜地の小屋作りは排水する上で良いことです。

高低差10cm程度なら、重量ブロック2段積みで調整が可能で、水平器を使って計算して、必要な高さを割り出すと良いでしょう。

基礎ブロックの高さが高くなると、地震や強風でズレる可能性が高くなるため、羽子板付束石を併用するのも良いでしょう。

基礎ブロック設置のコツは、中央部の基礎を少しだけ高く設置することで、外周基礎は躯体完成後も高さ調整が可能となり、手が届かなくなる中央部の基礎にしっかり床材をのせるのが大切です。

砂やモルタルを利用しよう

倒ですが、砂やモルタルを使うととても便利です。

基礎ブロックの水平設置は、慣れるまで難しいものです。

高さの微調整は面倒ですが、砂やモルタルを使うととても便利です。

全ての基礎との関係で水平に設置しつつ、個別の基礎も水平に置かなければなりません。

微妙な調整が求められますが、粒子の細かい砂やモルタルが初心者向きです。

砂や小砂利を混ぜると土質の排水性が高まり、地盤の締め固めにも使えておすすめです。

重量ブロックの水平を出す良い方法は?

古くから伝わる方法ですが、基礎を水平に設置するにはホースと水を使う「水盛り」が一般的です。

バケツの水を透明ホースで吸い上げて水位でレベルを合わせていく方法です。

今は便利なレーザーの水平器もありますが、小屋作りではレーザー水平器の出番が少ないので、予算に合わせて購入を検討してください。

地盤が柔らかくて心配…

水はけを良くして、設置面積は広い方が沈下しにくいので軟弱地盤では「半切り」ではなく、通常サイズのブロックを使ってください。
水はけが悪い所は注意

軟弱地盤に基礎ブロックを設置する時は、沈下防止のために十分な転圧作業が必要です。

設置前に砂利や栗石などを敷き詰めて、水はけを良くして、設置面積は広い方が沈下しにくいので軟弱地盤では「半切り」ではなく、通常サイズのブロックを使ってください。

特に畑等は柔らかいので転圧作業をして設置したあとは、1年ごとに基礎沈下を確認し、ジャッキ等で調整を重ねて地盤の安定を待つ方法が合理的です。

寒冷地の基礎は

霜柱などで基礎ブロックが持ち上げられる現象で1~2cmも浮き上がることがあります。
凍上の原因の霜柱

冬季には凍上して基礎ブロックが持ち上げられることがあります。

凍上とは霜柱などで基礎ブロックが持ち上げられる現象で、1~2cmも浮き上がることがあります。

例えば、凍結深度が約60cmの地域で凍上を防ぐには、凍結深度以下の60cm以下まで掘り下げて、一体化した基礎を埋設します。

しかし、60cm近い深さの掘削や、基礎ブロックの水平調整はかなりの重労働です。

3坪以下の小屋なら凍上を無視しても…

基礎ブロックの凍上は、春になると融雪時に元に戻る場合がほとんどです。

深く掘り下げて水平に基礎設置する労力を考えると、3坪程度の小さい小屋なら、傾いても変形しにくいように小屋設計するのもアリです。

基礎の傾きで問題になるのは、ドアや窓が開きにくくなる開口部です。

開口部に変形の「ひずみ」が集中しますが、耐力壁の面積が広かったり、「まぐさ」で開口部の変形を補強していれば、小さい小屋なら凍上による変形の心配がありません。

小さい小屋なら重量ブロック基礎もアリ

小屋完成後も沈下や傾きをよく点検し、1個のブロックに荷重が集中しないように、パッキンをはさんだりして他の基礎の調整が必要です。
1個のブロックに荷重が集中しないように

物置をたくさん販売した当初、四隅だけ羽子板付きやボルト付き束石で固定して、他は重量ブロック置きにした基礎は、凍上したり地震等で床部分に破壊や不具合が起きるのではないかと不安でした。

しかし、施工した物件の事後訪問などで点検したり、アンケート回答をいただきましたが、3坪程度の小さい小屋なら、床部分の破損などの問題は起きませんでした。

長い年月で調整を

重量ブロックを使った基礎は、個別のブロックに均等に荷重がかかるようにしなければなりません。

小屋完成後も沈下や傾きをよく点検し、1個のブロックに荷重が集中しないように、パッキンをはさんだりして他の基礎の調整が必要です。

軟弱な地盤でも3年も経過すれば、一定の「地盤のおちつき」が得られるので、重量ブロックを基礎にする時は長期戦で調整していくのが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました