庭の小屋でニーズの猫小屋、犬小屋

庭の小屋でニーズの猫小屋、犬小屋 設計
庭の小屋でニーズの猫小屋、犬小屋

キットを販売し始めて、全く想像していない使い方のニーズがありました。

キットハウス小屋を利用した犬や猫などペットの専用ハウスです。

たかが犬小屋ですが、ドアや窓も付いているのは商品はけっこうな値段です。

発売当初は販売試験的にPANELHOUSEの1坪タイプを10万円くらいで販売してました。

価格を比較していると、ペット小屋の候補に入ってきたのでしょうね。

ペットも生き物なので換気、断熱は必要

ペットも生き物なので換気、断熱は必要

ペットの動物にも人間同様の室内環境が必要となります。

温度や湿度に気を配るため、空調と共に換気や断熱を考えましょう。

犬や猫は暑さが特に苦手なので、せっかく小屋を用意しても暑いと入ってくれません。

お客様の失敗例として、小屋の下に穴を掘ってそこに入って暑さをしのいでいるペット犬を見たことがあります。

猫小屋には専用ドア

猫専用の出入り口も市販されています。
↑コーキングして防水施工しておきたいですね。

猫小屋にするには出入り自由にするために、猫専用の出入り口も市販されています。

住宅のドアに取り付け可能な仕様なので、木製小屋の開口部につけるのは簡単です。

犬小屋にクーラーを

犬猫のペットハウスにクーラーを設置する方もいます。

ほとんどのペットは暑さに弱いです。

特に暑さに弱い室内犬は、西日を受けやすい小屋は注意が必要でペットハウスにクーラーを設置する方もいます。

木造は断熱効果が高いですが、暑さには注意してください。

ハト小屋や昆虫、爬虫類ハウスも

ペットに関する使用方法では様々な相談をうけました。

  • トカゲを飼いたいが、家族の反対があるので小屋を作ってそこで飼育する…。
  • ハトの飼育が趣味で専用の小屋を建てたい。
  • 夜中に活動するペットなのでうるさくないように小屋を建てたい…。
  • 子供にアレルギーがでてきたので小屋で飼いたい…。

などなど、ペットのために小屋を利用する理由が様々あるのですね。

木製小屋の意外な活用場面をみました。

ペット小屋の配線には要注意!

照明やヒーターを必要とするため電源が必要で、母屋から配線して使用している方もいました。

屋外はケーブルの劣化も考えられますし簡単な配線でも電気工事時の資格が必要で、火災の可能性がありますので慎重に計画施工しなければなりません。

木製小屋をペットハウスにすればメリットも

木製キットハウスに対しペットハウスとして利用するため様々な要望がありました。

小屋は掃除しやすい!

木製ペット小屋は物置などのように人間が入れるサイズなので、掃除する時が楽です。

小さな犬小屋だと掃除するには狭くて人間は室内に入れません。

木製小屋は物置などのように人間が入れるサイズなので、掃除する時が楽です。

棚を付けると猫が上り、水槽が置けます

高さがあるので、棚を付けたら猫などが上ることもできますよね。

熱帯魚や爬虫類系の水槽を置くときも棚が必要です。

写真のような棚の耐荷重は150kgくらいありますので強度も十分です。

使い勝手が良いドアクローザー

掃除、換気や室温調節でドアを開放状態にしたい時にドアクローザーがあると便利です。

季節によっては常時開放状態にしたりする必要性があります。

風などで「バタン!」と急に閉まりにくくなり、ペットがケガすることを防止できます。

まとめ

たくさんのペット小屋用のPANELHOUSEを見せていただきましたが、うまくいかないトラブルもありました。

  • 散々手を尽くしても小屋に入らなかった犬も
  • 新築小屋の下を掘って小屋の下で寝る犬
  • 小屋に入っても寝泊まりしない猫
  • クーラーを付けても小屋から出たがる犬

ペットにも言い分があるのでしょうが、そこは私たちにわかりません。

物置代わりに利用しながらペットハウスに使おうとするのが良いのではないでしょうか?

もし、小屋に入ってくれなくても、そのまま物置にしてしまおうという事です。

けっこうユーザー様が一生懸命木製小屋をセルフビルドしたのにペットが入ってくれない例があるので、ぜひお知らせしたいので記事にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました