傾斜地に小屋を建てるのは?

傾斜地に小屋を建てるのは? 設計

小屋作りのお手伝いをしてきて、山小屋や景勝地の別荘が多かったです。

そして、そのような条件では、傾斜地に建てようと考える方が多いのです。

傾斜地の小屋作りのメリットや注意点を整理しておきます。

小屋を建てるのに意外とおすすめな傾斜地

小屋の基礎はしっかりと支持地盤に固定されているのが望ましく、水害や雪害による建物のダメージが少ないことが理想です。

それらを意識していると小屋作りに良い場所として、意外にも傾斜地が該当してきます。

排水が良い

坂道や傾斜地は、雨が降っても水たまりができにくく、排水が良いと言えます。

水がひきにくい土地は腐朽菌の活動も活発で、木材を腐らせる原因となります。

まとまった雨量でも水たまりになりにくい土地は小屋に適してます。

また、吹だまりにならず雪も溜まりにくく雪害も少ないと言えます。

地盤が固い

砂や泥などのもろい土質は、雨風で傾斜地から流出してしまいます。

坂状の土地や傾斜地は、比較的安定して固い地盤が露出していることが多いです。

そのため、地盤沈下が少なく基礎が安定しやすい傾向にあります。

ただし、近くに土砂崩れが発生していたり、崩落する可能性がある場所には注意が必要です。

景色が良い

傾斜地の小屋からの眺めは、良いことが多いです。

傾斜地の小屋からの眺めは、良いことが多いです。

視界を遮るものが少なく見晴らしが良いので絶景であることが多いのです。

山林の小屋を建てる方は、多くの方が傾斜地を選びます。

傾斜地の基礎作りは難しい

傾斜地の基礎作りは難しい?

完成すれば好条件となる傾斜地の小屋は、施工が難しく作業が困難なこともあります。

資材の運搬が重労働

トラックで現場まで直接行ける道路があれば良いですが、小屋を傾斜地に建てる場合は手運びが必要なことが多いです。

資材を補完するスペースも斜面であることが多いです。

資材の運搬作業は意外に重労働で時間がかかります。

ケガなど安全に注意して搬入計画をしっかりたてましょう。

足場が悪い

傾斜地は斜面なので足場が悪く、掘削や資材運搬で足を滑らせやすいです。

傾斜地は斜面なので足場が悪く、掘削や資材運搬で足を滑らせやすいです。

雨天時などは滑りやすく要注意です。

基礎工事費用が高価になりやすい

傾斜地での基礎工事を依頼すると、基礎設計が複雑になり値段が高くなります。

上記の資材運搬や基礎施工の作業性がおちることもあり、施工日数が延びてしまうことも一因です。

斜面は粘土質、岩盤が多い

山林の斜面は表層の柔らかい土が雨水等で流れてしまい、薄いことが多く粘土質などで掘削作業が重労働です。

大きな岩や石があったりするので、現場の状況によって基礎の数や位置を変更することもあり得ます。

傾斜地の小屋基礎作りは?

DIYで独立基礎を作るときは、羽子板付き束石などを利用してやぐらを組み上げるように床下を組み立てる方法がおすすめです。

水平を微調整しやすく、地形や現場に合わせて基礎石を設置できます。

大きな岩石があっても、コストをかけて取り除かずに柔軟に対処できるのがいいですね。

まとめ、小屋を建てる場所として坂や傾斜地はアリ

小屋を建てる場所として坂や傾斜地はアリ

小屋作りの場所として、傾斜地を選ぶのはアリだと思います。

湿地や泥炭地に比べれば、安定していて排水性も良いので腐朽がすすみにくいと思います。

基礎設置でもっとも困るのが、地盤がやわらかいことです。

農耕地などは基礎沈下がおきます。

地盤沈下がおきにくい傾斜地は、施工が難しいですが、地盤の安定性から小屋作りの場所としておすすめです。

降雨時の雨水の流れ方や土砂崩落には注意しなくてはならないので、良く調べてから施工地を選定してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました