ログハウスを選ぶ前に考えておくこと

ログハウスを選ぶ前に考えておくこと 設計

タイニーハウス、スモールハウスと聞くと「ログハウス」を思い浮かべる方がほとんどです。

北米や北欧の寒い季節に暖炉でくつろぐ人をイメージされ、ログハウスはあまり南国のイメージはありませんね。

DIYで小屋を建てる方も最初はログハウスを検討されますが、考えた結果、多くの方は別の工法で建てられます

小屋としてのログハウスの特徴をまとめておきたいと思います。

ログハウスの良さや特徴

ログハウスの良さは、加工したり工業製品ではない木材である無垢の丸太をそのまま使用している所です。
ログハウスは丸太をそのまま使う

太い丸太の大径木を使って建てるログハウスのメリット、その特徴はどんなことでしょうか?

無垢の樹木を使っている

ログハウス購入を検討される方の理由は、加工したり工業製品ではない木材である無垢の丸太をそのまま使用している所です。

極力、人の手が加わっていない状態で建材そのものに自然の豊かさを感じられる点が大きなメリットでしょう。

耐用年数がとても長い

丸太そのものが使われているので建材が長持ちします。

海外では100年以上経つログハウスもたくさんあります。

放置しているとログハウスでも腐朽がすすみますが、こまめに防腐塗装するなど管理して住み続ければ、一生暮らすことができるのはログハウスの特徴です。

シックハウス対策として

建材には接着剤や薬剤を使用していませんのでホルムアルデヒドの飛散も無く、シックハウスの原因物質がほとんどありません。

アレルギー体質の方が症状を改善するために、オーガニックな住環境を求めてログハウスにたどり着くというケースもあります。

建てるのが簡単そう…

ログハウスは構造が理解しやすいため建設が簡単そうに見えるというのです。
組立が簡単そうにみえるログハウス

キットハウスを検討しているお客様に聞きましたが、ログハウスは構造が理解しやすいため建設が簡単そうに見えるというのです。

確かに丸太組構法(校倉造り)は丸太を組み上げるだけなので単純な構造です。

しかし、そこには丸太の重さという大きな誤解があります。

軽く見えるのですが丸太は細くても100kg以上になり、重機なしでは不可能で取り扱いに危険を伴います。

ログハウスを建てることができる工務店は少なく、構法としては簡単そうに見えて、実は最も難しい建築構法とも言えます。

こんな方は避けるべき

数多くのキットハウスユーザー様を接してきましたが、ログハウスを検討中の方で、これらに該当する方は今一度ログハウスの購入を考え直してください。

セルフビルドで建てたことがない

小屋を建てたことがないのにいきなりログハウスに挑戦するのは避けるべきです。

注文して建ててもらうならまだしも、小屋を建てたことがないのにいきなりログハウスに挑戦するのは避けるべきです。

ミニキットのログハウスなら入門的で良いですが、マシンカットのキットでも住宅レベルのログハウスは初心者には取り扱いが難しいでしょう。

専門性の高い構法なので建築業者が必ずしもログハウス構法の知識を持っているとは限りません。

高価になる

ログハウスの値段はもちろん、メンテナンスや設備工事も価格が高くなることを想定しておきましょう。

新築時に限らず水道管や電気、トイレ風呂等の設備には修繕工事が必ずあり、その時に通常の住宅よりも工事価格が高くなる傾向があります。

外装塗装やサッシまわり、屋根工事も修繕時に通常住宅よりも高価になると予想されます。

高性能な住宅を求めてる

近年の省エネルギー住宅は高性能ですが、ログハウスに求めるには少し無理があります。

設計において高気密なログハウスも可能ですが、丸太の風合いを損なったりコストもかかります。

くるいや割れが発生するのも無垢の丸太の特徴で、20年経過してから割れが発生したりします。

丸太は人工乾燥により含水率を落とすことができませんから、経年や季節により動き続ける性質を持つことを理解すべきです。

防火地域・増改築が難しい

一部の特殊な加工した丸太は耐火性能をもっており、認定された建材として防火地域でも使用できるものがあります。

ほとんどのログハウスは防火地域で建築することはできません。

駅前や繁華街のような防火地域でログハウスを見かけないのはそのためです。

増築、改築も難しく、躯体強度を落とさないように構造計算して施工できる工務店も限られています。

リフォームはログ躯体をいじらずに内装ベースで計画することになります。

ログハウスにするならあきらめること

それでもログハウスを欲しい方が、あきらめなければならないことを紹介します。

断熱性・気密性

ログハウスは冷暖房コストがやや大きくなることを覚悟しなければなりません。

丸太は乾燥したり含水率が変わることで常に動くものと考えておいてください。

そのため丸太に隙間ができて「すき間風」が感じられたりします。

気密性が失われるので断熱性能が良い建材を使用しても、性能が実感できないことがあります。

冷暖房コストがやや大きくなることを覚悟しなければなりません。

価格

値段は上記のとおり高価になり、修繕時にも高くなる傾向があります。

ギリギリの予算では資金計画が厳しいので、ログハウスを求めるなら余裕を確保しておくべきでしょう。

ざっくりですが、私の経験上、費用は通常の住宅の2倍と考えておけば安心です。

メンテナンス

無垢の丸太は防腐管理が必要です。

工業製品の外装材はメンテナンスフリーな商品も多いですが、無垢の丸太は防腐管理が必要です。

外装内装の塗装が1~3年おきに必要なこともおさえておくべきです。

シロアリなどのが木食害虫にみまわれることも多く、日頃より点検や駆除の手間がかかることも考えておいてください。

こんな人に向いてます

ログハウスはこんな方が向いてます。

ログハウスに悲観的なことを紹介しましたが、後悔していただきたくないためです。

購入し満足して成功してる方もおり、ログハウスが欲しいという方はこんな方が向いていると思います。

木が好きな人

とにかく木が好きでいつも気に触れていたい、無垢の丸太を感じていたい方です。

ログハウスの室内は森の中のような無垢の丸太が発する何とも言えない「匂い」があります。

一般の住宅建材にはない「木を感じる」というのはログハウスだけなのです。

住宅の手入れが苦にならない人

ログハウスは基本的に防腐のためメンテナンスに手間がかかります。

こまめに点検したり駆除することが面倒に感じない方におすすめです。

2階建てだと足場が必要なので、できれば平屋建てにして自分で管理できるログハウスを計画するのが良いでしょう。

自然派、オーガニック派に

やはり、ログハウスがおすすめなのは無垢の丸太に自然を感じられる点でしょう。

自然の森の中に近い環境が室内に再現されるところは、建築構法でログハウス以外に考えられません。

丸太に囲まれて過ごしたい自然派にはログハウス以外に無いとも言えます。

省エネ住宅や高断熱を捨てても、暖炉にあこがれてる人にはおすすめなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました