小屋づくりに欠かせない電動道具2選

小屋を建てる

セルフビルドの小屋作りで、必ず必要な電動工具。

何を用意すれば良いのか?

どれくらいの性能が必要?

わからないDIY初心者も多いと思いますが、小屋を建てるのに主に必要なのは「付ける」ことと「切る」ことです。

主に使う電動工具は2種類

ホームセンターに行くとプロ用の電動工具も販売されていて、何に使うのか、どう使うのか、よくわからない工具もあると思います。

たまにDIYする程度で、ゆくゆくは小屋づくりを目指すうえで、電動工具はどう用意すれば良いのでしょうか?

ネジで連結するインパクトドライバー

木材資材を連結するにはインパクトドライバーが必要です。

木材資材を「付ける」ためには、インパクトドライバーが必要です。

建築で使うコーススレッドを締め付けるトルクは、強い方が良いのです。

最大締付けトルクが140(N/m)以上があった方が良いでしょう。

それくらいあれば木材に下穴を開けなくても、そのまま打ち込むことができます。

充電式コードレスで、18Vタイプがおすすめです。

ビットも用意しよう

ビットと呼ばれるドライバーの先端のような道具も用意しましょう。

コーススレッドというネジを締めるので、ビットと呼ばれるドライバーの先端のような道具も用意しましょう。

10本以上入った商品もありますが、ビットは意外とすぐに破損します。

電動工具のトルク性能が向上してきて、ビットの負荷も高くなっているためです。

数本は用意しておいた方が良いです。

プラスビット(十字ビット) には小さい文字で、2番(#2)1番(#1)と表記されてます。

数字が小さいと先端も小さくなりますが、コーススレッドの主流は2番(#2)なので、注意してください。

穴をあけるためのドリルビットも必要でしたら買っておくと便利です。

電動ドライバーとの違い

インパクトドライバーネジ締め時に打撃を与えて、強く締め付ける仕組みです。

電動ドライバーとは最大トルク差が大きく違います。

電動ドライバーの最大締め付けトルクは、70(N/m)程度でコーススレッドをツーバイフォー材に一気に打ち込むことができません。

木材を切る丸ノコ

丸ノコは小屋作りに必須アイテムです。コードレスは電源不要でコード不要だと取り回しが良く、とても使えます。

手ノコでカットしても良いですが、面積が大きい合板などを切るのは重労働です。

丸ノコは小屋作りに必須アイテムです。

最近はコードレスが多くなりましたが、電源不要でコード不要だと取り回しが良く、とても使えます。

インパクトとバッテリーが共用できれば最高ですね。

インパクトとバッテリーが共用できれば最高ですね。

まとめ、トルクとバッテリーに注意しよう

インパクトドライバーの場合、一般的に価格は「トルク強さ」「バッテリー」で決まります。

インパクトドライバーは小屋づくりに限らず、リフォームやDIYで必ず使う電動工具です。

予算に限りがあるでしょうが、できるだけ良いツールを購入いただく事をおススメします。

バッテリーは、近年は18Vが主流ですが、14Vだって使えないことはありません。

必要なトルクがあれば、中古や旧タイプを安く購入するのも良いですが、バッテリーの劣化状況には注意が必要です。

バッテリーが共用できるので、同一メーカーにするのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました