小屋を作るならウッドデッキ、テラス付き?

小屋を建てるならウッドデッキ、テラス付き? DIYの前に

ログハウスによく付属ているウッドデッキ。

テラスとも言いますが、エクステリアとして木製小屋や別荘の価値を高めてくれて、ぜひとも取り入れたいですよね。

PANELHOUSEでもウッドデッキ付き、テラス付きはとても人気でした。

既存の小屋に後付けもできますが、ウッドデッキは小屋を作る前に決めておいた方が良いでしょう。

ウッドデッキ、テラス付きは”使える”

ウッドデッキやテラス付きの小屋は、それが無いのと比べてどんな利点があるのでしょうか?

雨と日差しをしのげる

屋根付きのウッドテラスがあれば、コーヒーを飲んだりスマホを見たり屋外で過ごせます。

せっかくの別荘ステイや小屋暮らしも、雨天時にはアウトドアで存分に活動ができません。

そんな時でも屋根付きのウッドテラスがあれば、雨が降るときでもコーヒーを飲んだりスマホを見たりして、屋外で過ごせて森林浴できたりします。

森林では雨降りの方が、土や草から漂う「匂い」が強くなるような気がします。

真夏の日差しを遮ることもできて、屋根付きウッドデッキがあるだけで、全天候型になるのです。

汚れものを置ける

濡れたりしたものは乾燥させるためにテラスがあると便利です。

アウトドアライフには汚れものが付き物です。

洗濯したり濡れたものを乾燥させるために、テラスがあると便利です。

バーベキュー後のグッズなど、臭いのあるものは室内に持ち込みたくないものです。

薪ストーブを使っている時は、テラス部分を薪や道具の一時保管場所にできます。

外観のデザイン性が高い

ウッドデッキ付き小屋は、ガーデニング好きの方にとても人気がありました。

テラスがあると小屋の外観イメージが大きく変わります。

ウッドデッキ付き小屋はエクステリアとして評価が高く、ガーデニング好きの方にとても人気がありました。

テラス部分を大きく広げて面積を拡大し、ガーデニングや植木鉢を置いたり、デッキの装飾部分に蔦やツルをはわせて緑化しているのも見かけます。

イルミネーションの飾りつけにテラス部分を使うのも定番となりました。

豪雪地でも

一晩で50cmも降り積もる豪雪地では、朝起きてドアが開かなくなったりします。

ウッドデッキに屋根があれば、吹だまりはできるもののドアの開閉は問題ないでしょう。

冬はウッドデッキ部分に、頻繁に使う除雪道具も置くことができて便利です。

増築の後付けは難しい

ウッドデッキ付き小屋をおすすめしてきましたが、既存の建物への増築はなかなか難しいものです。

歩く部分のデッキテラスの増設は難しくはありませんが、屋根の接続不良により雨漏りの可能性があります。

増築や改築の雨仕舞は難しい

建物の増築も雨仕舞が肝となりますが、屋根付きウッドデッキ増設時にも同じことが言えます。

屋根をすべて葺き替えるなら屋根下地からやり直せますが、コストを考えるとそうはいきません。

既存の屋根に手を加えないようにして増築を考える必要があります。

片屋根にしたり雨どい利用も

建物の軒先下に片屋根を取り付けて、テラスを増設したアイデアを見たことがあります。

既存の建物の軒先下に片屋根を取り付けて、テラスを増設したアイデアを見たことがあります。

建物の屋根の軒を重ねて、雨水を雨どいで受ける方法も活用できるでしょう。

いろいろな屋根のおさまりがありますが、増築をそれぞれ独立した建物として捉えて建築すれば雨漏りの心配はしなくていいでしょう。

やっぱり、ウッドデッキ部分に屋根があった方が良い

「屋根なしでもいいか」ということでウッドデッキを付けた方もいます。

「屋根なしでもいいか」ということでウッドデッキを付けた方もいます…

しかし、実際に使ってみると、デッキテラス部分に屋根があるとないのでは大違いのようです。

屋根がないと天気の問題が大きく、少しでも雨が降るとバーベキューも終了となり撤収です。

テラス部分の屋根があると風を受けにくくなり、「長時間のBBQをするようになった」という方もいます。

気を付けたいデッキの防腐対策

ウッドデッキ自体が濡れたり乾いたりを繰り返すので防腐対策が必要です。

テラス上は意外に汚れており、裸足で歩くと足裏がすぐに真っ黒になり、こまめな掃除がかかせません。

腐朽に強いハードウッドで作ることを考えたり、防腐剤の塗り直しを一年に一度、こまめにする対策が必要です。

やはり、総合的に考えても小屋にウッドデッキを付けるなら屋根付きがおすすめですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました