失敗!小屋を作る時におきたハプニング

失敗!小屋を作る時におきたハプニング 小屋を作る

私は多くの現場で小屋を建てさせてもらいました。

小屋をキットハウス化しその品質を高めるために、小屋を作る現場経験はとても参考になりました。

これからセルフビルドする皆さんが同じ失敗をしないように、小屋を作る時の失敗談やミスの一部を紹介します。

工具・金具の忘れ物

忘れ物、連絡忘れなど、うっかりした人為的ミスで、一日の作業が全く進まないこともあります。

電動工具のバッテリーがない

電動工具を使うときはバッテリーの充電を確かめることが重要です。

電動工具を使うときは、バッテリーの充電を確かめましょう。

山林などの現場では充電する設備がなく、前日にバッテリーの充電状況を確認しないで、大変な失敗をしたことがあります。

インパクトドライバーが使えないと小屋作りが全く進まなくなり、コードレス丸ノコ等の電動工具が使えないわけで、その日の作業は材料整理か塗装作業ぐらいになります。

充電器は300ワットを超えるもので電力量が大きく、ソーラーパネル等での充電は難しいので家庭用電源等が必要になります。

また、工具のバッテリーの寿命は充電回数200~300回とされてて、実際には結構長持ちします。

しかし、バッテリーが寿命を迎える時は急に電流が流れなくなりますので、小屋作りは山奥が多いので、予備のバッテリーを用意したいところです。

コーススレッド等の金具類を忘れた

コーススレッドや釘等を忘れたことがあります。

コーススレッドや釘等を忘れたことがあり、ねじや釘がないと作業が進みません。

小屋の組立はコーススレッドの打ち込みがほとんどで、小別荘の小屋作りを依頼され金具を忘れた時は、結局、かなり遠い距離をホームセンターに買いに行くことになりました。

現場往復と買い物時間で半日つぶすことになり作業時間を大きくロスして、コーススレッドや金具の確認の重要性を思い知りました…。

プラスビットがない

予備のビットは必ず用意しましょう。
予備のビットは必ず用意

コーススレッドを打ち込むための電動インパクトドライバーを持ってはきましたが、使用する時に先端に差し込むビットを忘れたことがありました。

早朝でしたので、当時のホームセンターオープン時間はAM10時で、時間ロスしたことを覚えています。

ビットは意外に破損しやすく、前日に破損し補充するのを忘れたのが原因です。

現場で壊れることもあるので、予備のビットは必ず用意しましょう。

最初に使う床板がない

床の部材が来なかったことがあります。

キットの発送ミスで、床の部材が来なかったことがあります。

床板の合板だったのですが2枚足りないだけで、次の作業に移ることが出来ませんでした。

山梨県の山奥の現場だったので途方にくれましたが、たまたまそこにあった合板を代用してくれて助かったことがあります。

床板を張るのは最初の作業で、これをとばして次の作業に移ることができませんので、一つの部品がないと一日何もできない事にもなります。

出荷時の材料確認の大切さを痛感したものです。

お手伝い作業員が来ない

小屋作りは1人ですると3倍時間がかかる?

補助する作業員への連絡ミスで、当日来ることができず、1人で小屋作りをすることがありました。

1人作業と2人作業では効率が全く違います。

小屋作りは1人ですると3倍時間がかかるようなイメージです。

運搬作業や部材の抑えなどで1人だと仮設しなければならず、余計な作業が増えて、時間がかかって効率が悪いです。

1人でじっくり小屋作りを楽しみたい方は別ですが、小屋を作るときは2人以上で作業するのが鉄則です。

自然環境

想定外のトラブルになるのは気象などの自然環境で、防げないこともありますが大事に至らないように考えておきましょう。

木が倒れた

小屋作り中に横の木が折れて倒れた…

北海道南部山林内の別荘小屋作りを依頼されて、完成間近になり仕上げ作業で朝に現場に着くと、小屋のすぐ横の大木が倒れていたことがあります。

幸い建築中の小屋には被害がありませんでしたが、もし、倒木が小屋に当たっていれば小屋作り中の小屋は倒壊していたでしょう。

前日はそれほど強風ではなく、数本の樹木の幹が折れたり、根からめくれ上がるように倒れていることから、強風が原因と思われます。

偶然のタイミングでこんなこともおきるのだ…と驚きました。

強風

展示品は仮設のため、屋根材を張らずに下地の防水シートのみでした。
当たり前ですが、屋根材が必要

キットハウス展示場に小屋を展示してる時に、強風で下地屋根材(防水シート)が飛んだことがあります。

展示品は解体して移動することもあるので、屋根仕上げ材のアスファルトシングルを取り付けておらず、下地の防水シートのみとしていました。

風で飛ばないように接着や抑え材で対策していたものの、シートは強風に弱く、破れて吹き飛ばされました。

雨が降っていたので防水機能がなく、破れた箇所から野地板の合板が濡れて、そのまま雨水が天井をつたって小屋内に侵入しました。

壁や床も濡れて、乾燥させるのに大変だった思い出があります。

屋根材を取り付ければこのようなことがおきなかったと思われますが、その大切さを知りました。

耐雪設計なのに雪で破損した

雪に強いキットハウスとして販売してきましたが、豪雪で破損したこともあります。

雪に強いキットハウスとして販売してきましたが、豪雪で破損したこともあります。

ニセコ町は豪雪地帯で、記録的な大雪による設計荷重以上の重量がかかり、破損したと思われます。

当初は除雪時に吹き上げた氷雪塊が衝突して破損したと予想していましたが、調査したところそうではなく、自然の積雪荷重による損壊とみられます。

多くの時間をかけて調査検討しましたが、局所的に想定以上の加重がかかった時に、破損を防止する方法はありませんでした。

困ったトラブル

小屋部材を運送中の破損

衝撃に弱い木材は運送時に破損することがよくあります。

少しの衝撃でも木材は壊れることが多く、部品の破損で報告や苦情を受けることもありました。

長距離輸送では積み替え回数も多いので、衝撃に弱い木材は運送中に破損することがよくあります。

多くの場合は加重がかかって破損していて、割れていたり破断しているので、そこの部分の木材の交換をするしかない状態です。

破損した合板などは交換するしかありません。

ビスが打ち込みされた部分の割れ等でも、苦情を受けることが多くありました。

割れがの長さが10cm以上にわたったり、よほど割れ幅が大きくない限り、全体の躯体強度に影響はありませんが、見た目で不安になる人が多くいます。

「小屋の位置を変えて欲しい…」

キットハウス小屋作りを依頼されて、建築請負として現場に行くことがありました。

作業は平日が多く、依頼者が朝打ち合わせに来るものの、作業中は見ていることができません。

夕方、仕事を終えて戻ってきた時に完成間近の建物を確認することとなります。

大変なのが、小屋の躯体が建った後に「建物の場所を移動してくれ…」と依頼されることです。

母屋の窓が暗くなってしまうとか、小屋の向きが間違っていたとかで、やり直しの依頼を受けることもありました。

小屋の位置の変更は、作業をイチからすることになりとても大変です。

基礎の段階で小屋の窓やドアの位置をよく確認し、小屋の高さや向きもよく検討して計画することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました