PANELHOUSE開発の歴史

PANELHOUSE開発の歴史 DIYの前に

2019年12月にキットハウスのPANELHOUSEは、生産販売を終了しました。

国産の木製キットハウスの開発が、これから小屋を作る皆様の参考になればと思い、これまでのキットハウス開発の歴史をご紹介します。

設計や仕様の変更は100箇所以上

最初の一棟目は、2005年に試験販売した記録があります。

それまで建物を製作販売した経験がなかったので、安く提供するかわりにお客様に使い勝手を教えてもらうようなモニター販売だった記憶があります。

その後、4,000棟を販売する中で設計や仕様変更した箇所は100箇所以上、変更回数は600回を超え開発には多くの試作をしました。

お客さまの声にお応えするため、長年「かんたんに組立できて、完成すると本格建物」を追及し変更を繰り返してきました。

~2002年

北海道産材カラマツ使用の商品をつくり販売

北海道産材カラマツを原料に、流通パレットや梱包材料の製材を製造販売していた生産ラインを活用し、ガーデニング商品の一環として物置や小屋を受注生産し製作販売してました。

2003年

登山客用の入林届出箱の製作
PANELHOUSEの原点

北海道産材活用PRを考える北海道林務部から登山客用の入林届出箱の製作を受注し、北海道産カラマツ材を使って完成し2個納品しました。

ところが、特に防水設計していなかったため、屋根や壁から雨漏りが発生し補修を余儀なくされました。

小さな小屋形状ですが、雨漏り対策について様々なノウハウを体験して学んだ原点です。

2004年

mini1.0の原型となる1棟目

1坪タイプの原型となる1棟目の試作が完成しましたが、直後にカラマツ羽目板を使ったため乾燥による「くるい」が発生して問題に。

解決策として8案ほどの方法を試し、その中で乾燥による「くるい」が発生しても対応できる特殊パネルが最適とされ、その生産を開始しました。

試行錯誤した乾燥カラマツ板や丁寧な羽目板加工技術は、木材関係者の方にも高評価をいただきました。

2005年

2727 (mini2.3)試作完成

1坪タイプのキット販売を開始し、少し大きい四畳半タイプの試作を完成して販売を開始しました。

しかし、納期がとても遅くなる羽目板の生産性問題や、豪雪地での構造強度や経年劣化が課題になり補修に走ることもありました。

パネル枠に溝切り加工した特殊なパネルゆえに、春の融雪時に壁を流れる水が室内に入る事例が発生。

原因を追究し、お客様にご理解協力をいただいて、補修施工して改良試作を繰り返しました。

2006年

多くの問題点を洗い出し分析し、約30項目の改良設計変更をした結果、初めて1坪タイプを本州に発送しました。

この時は宅配で全国発送をしたかったのですが、宅配業者の意向で完全断念し、配送方法は一から考え直すことになりました。(当初は数棟を宅配業者が配送しました)

ウッドデッキ付きタイプ試作したり1.5坪タイプを販売開始し、さらにいくつかの新商品を試作しますが、ニーズや生産性問題など様々な理由で発売に至りませんでした。

2007年

新型の mini1.0、mini2.3試作完成

カラマツ羽目板を幅が広い外壁材に変更し、新型1坪、2坪を試作し、合板材を使用することで、組立やすさと構造強度が大幅に改善されました。

その後、3坪やウッドデッキ付きも試作完成しました。

窓無しだったのを窓付きドアパネルをキット標準仕様とし、屋根材のカラーバリエーションを3色に増やしたり、外壁なしの1.5坪も試作完成し、売れ筋を見つけるため商品ラインナップを増やしました。

2008年

千葉県鎌ヶ谷展示場を開設

5坪以上の大型の受注生産が始まり、物置とはニーズが異なる4坪タイプが徐々に販売増加します。

この頃に経済不況の影響か小屋が流行し、全国から問い合わせが多くなり千葉県鎌ヶ谷展示場を開設しました。

安価で汎用性が高い外壁なしの1.5坪を販売開始し、観音ドアオプション、レッドシダータイプ(限定品)を発売しました。

より組立がわかりやすくなるように、組立説明書に添付する組立DVD(約30分)を作成しました。

2009年

札幌展示場を開設

カラマツ外壁をよろい貼りに変更しました。

サンルーフ(屋根窓)開発に取り組むも、経年劣化の雨漏りを払拭できず断念しました。

根太の本数を減らすために、床板にネダノン(24mm厚合板)を採用し、札幌展示場を開設しました。

このころから、小屋のニーズが物置からタイニーハウス(多目的な小屋)へと大きく変化し、大型タイプを量産化したキットハウスの設計と、生産出荷方法の検討を開始しました。

2010年

50cmくらい全高が高くなるハイルーフタイプの試作一棟目が完成しましたが、何度も組立の試行錯誤を重ねて、試作から約40項目以上の改良変更がありました。

頻繁な改良により部品の取り扱いで発送ミスが相次ぎ、仮組み発送時確認システムを見直すことになり、全タイプをコーナーパネル必須に構造変更しました。

照明などの電力使用もあり、ソーラー発電キットの試用を開始しました。

2011年

防腐に効果的な雨どいをオプションに

ニーズが多く外壁材の防腐効果もある、雨どいオプションを設定に加えました。

断熱構造のオプション設定を開始し、小住宅を目指す断熱、ストーブ、配線、換気を設置したモデルを芦別展示場に設置しました。

受注の増加とともに配送で遅れ等が多発し、お客様に迷惑をかけることも多かったことから、配送の品質を継続監視する「配送に関する定期チェック」システムを構築しました。

2012年

キットハウスを利用した大型の小別荘等も増えましたが、年間販売棟数250棟を突破しました。

防腐や経年劣化を防ぐ改良を繰り返し、より安心できる防腐オプションも追加しました。

事務所や別荘などへの利用が広がり、建築設計事務所からの問い合わせも多く、建築確認申請するために土間タイプの販売も開始しました。

2013年

別荘などに使える9坪の販売を開始しました。

累計出荷棟数が2,000棟を突破し、全国各地に発送しました。

仲間がいなくてもつくれる「一人で作る」プロジェクト開始し、9月に月間最高の41棟を出荷しました。

老朽化した工場設備を補修し、発送現場を整備することで納品期間短縮に努めました。

2014年

断熱施工した展示品

シャッターを取り付けたガレージ試用を発売開始しました。

網戸付き観音ドアを販売開始しました。

千葉県より展示場を移設し、相模原展示場を開設しました。

氷点下の真冬でも、わずかなヒーターで快適に宿泊できる断熱施工とエアコンを装備した4坪を、芦別工場で展示を開始しました。

組立間違いしないように、ハイルーフ屋根の組立方法を一部変更しました。

2015年

相模原展示場にガレージを展示するとともに、コンポストトイレ(バイオトイレ)設置しました。

はじめて沖縄県の方から受注し、PANELHOUSE設置としては最南端に販売しました。

2016年

台中市の展示場

バイオトイレを装備した1坪キットを発売。

東京展示場を開設しました。(モダンクリエート展示場内)

累計出荷棟数が3,000棟を突破し、台湾にPANELHOUSEの輸出を開始しました。

2017年

海外でPANELHOUSE11棟を販売しました。

芦別工場にサービスバス(TOYOTAコースター)導入しリフォームも受注し、10坪の小別荘を販売開始しました。

2018年

台湾で40棟を販売しました。

台湾で40棟を販売しました。

10坪を超える大型タイプ、小住宅が好調で、累計出荷棟数3,500棟突破しました。

多くの雑誌書籍で小屋が特集され、PANELHOUSEも多くの取材を受けました。

おわりに

現在は、PANELHOUSEのキット販売を終了しました。

ニーズを聞き改良し商品を開発してきたので、キットハウスには多くのアイデアが盛り込まれています。

小屋を作る方の参考になれば幸いです。

なお、PANELHOUSEはこれまで販売代理してました(株)モダンクリエートに設計コンセプトを承継いただき、多摩地区をエリアとして設計請負施工させていただいてます。

⇒東京展示場

コメント

タイトルとURLをコピーしました