小屋を作る前に調べておくべきこと

小屋を建てる前に調べておくべきこと 小屋を作る

「ここなら景色がいいから…」「ここが建てやすいから…」とDIYで小屋を建てようと考えている方は、ワクワク感が先にたち、安易に小屋作りを進めてしまいがちです。

小屋を建ててしまってから「こうしておけば…」ということも多く聞かれました。

セルフビルドで小屋を作る方のために、小屋を作る前に考えておくべきことを整理しておきます。

敷地境界

越境問題は隣地との関係悪化やトラブルにつながります。
境界はしっかり確認しましょう。

建てる敷地には、必ず隣地との境界線があります。

不動産売買においても境界線問題は、トラブルの中でも最多です。

小さな小屋であっても境界線トラブルが起きて、のちに移設や撤去となると費用が多額になります。

越境問題は隣地との関係悪化やトラブルにつながりますので、慎重に計画する必要があります。

屋根が越境していないか?

さすがに基礎が越境していることはないですが、空中で隣地境界線を超えていないか注意が必要です。

外壁にばかり気をとられていて軒出しの寸法を忘れていて、屋根の軒先や庇が空中で隣の敷地に飛び出して越境していることが考えられます。

また、近くに植木や樹木等があるときは、完成後の屋根軒先をよく考えて建てる位置を検討しましょう。

見た目には屋根は越境してないように見えます。

実際に計測してみると越境してたり、ギリギリだったりします。

隣地への雪や雨にも注意

隣地への雪や雨にも注意

雪が多く降る地域では、隣地へ落雪することもあります。

片流れの屋根だと、隣地へ雨水を流してしまう恐れもあります。

トタン屋根の物置を設置した方は「そちらの物置の雨音がうるさい」と隣地からクレームがきたという事もありました。

ドアや窓を開けたとき

スペースが無くて「ドアや窓を開けることができない」なんてことがあります。
完成時を想定しよう

ドアや窓を隣地境界線に沿って取り付けるときは、開閉時のことを考えて設置しましょう。

スペースが無くて、「窓を開けることができない」なんてことが考えられます。

また、ドアや掃き出し窓などの出入り口を設置するときは、「段差で出入りがしやすいかどうか?」の高さの検討も必要です。

再塗装や補修は可能か?

塗り直しなどのメンテナンスも考えなければなりません。

外壁から隣地境界線までの距離は、最低でも50cmないと塗装作業ができません。

それぐらいの作業スペースがないと、人が入れず塗り直し作業ができません。

メンテナンスの再塗装や壁を直したりする時の補修は、足場を組むこともあり得ますので、建てる位置を考えておきましょう。

木製小屋はメンテナンスがとても大事なので、のちに補修しやすいように設置することが重要です。

隣地境界線に沿って小屋を建てる時の外壁から境界までの距離の目安は、50cm~1mくらいです。

地盤

水たまりができやすかったり、霜柱ができたり、盛土の土地などは注意が必要。

小屋でも建物にとって、その真下の敷地状況はとても大切なことです。

水たまりができやすかったり、霜柱ができたり、盛土の土地などは注意が必要で、軟弱地盤では物置が傾いていて隣地に倒れそうになっている例もあります。

畑の中の小屋

田畑の中に小屋を建てるときは、基礎が沈下するので注意しなければなりません。

畑の土壌は柔らかくて空気を多く含んでいます。

ゆっくりと沈下するので建築後、3年~5年は注意して基礎の沈下を点検する必要があります。

水はけが悪い場所

建物の真下の水はけが悪いと、基礎の沈下や霜柱の凍上もあり得ます。

霜柱ができる土壌ですと、ブロック基礎を1cm以上持ち上げられることもあります。

小屋の構造を狂わせる原因になり、ドアや窓が開きにくくなったりします。

建物にとって湿気はカビを発生させたりして良くないことからも、建てる場所は周囲の土地よりも少し高くするようにして、小屋の下の水はけを良くする工夫が必要です。

掘っても水が出てくる場所は避けたいですが、建てる場合は砂や砂利で土壌改良したり、盛土や基礎を高くしたりしましょう。

方位、方角

小屋を建てる前に日差しがある方位方角を意識する必要があります。
景色に眼が行きますが、しっかり考えましょう。

南向きの窓は日の光が当たりやすく、室内が温かくなることが考えられます。

南向きだからといって必ずしも景色が良いとは限りませんが、小屋を建てる前に日差しがある方位方角を意識する必要があります。

西向きや北向きで考えること

西向きに窓や開口部を設けると西日の影響を受けて、室内が熱くなりやすく注意が必要です。

断熱効果を上げた仕様の小屋だと、真夏の夕方はかなりの室温上昇が考えられますので、カーテン等やガラスサッシのことも検討しましょう。

北側は一日中、日照がなく湿気が滞留しやすく、藻やコケ類も生息しやすいので、シロアリの生息に注意が必要です。

カビや菌類も発生しやすいので、掃除やメンテナンスがしやすいようにしたり、通風性を確保したりして木部の腐朽が進みやすいことを意識しましょう。

⇒Low-Eガラスって何ですか?

風向きも考える

ドアや窓、換気位置は、風向きも考えましょう。

北風は冬に冷たく、南風は夏にふきます。

強風地ではドアの開閉に注意を払わなければならないですし、積雪地では風向きで雪の吹き溜まり方が変わります。

除雪がしやすいように雪を積み上げる位置を考えて、冬の敷地の利用方法も想定しておきましょう。

木陰では

木陰は虫類が集まりやすく害虫も多くなるので要注意です。

森林の中で小屋を建てる時はいつも日陰になっている場所もあり、カビや藻類が繁殖しやすいので注意しましょう。

カビ発生防止のため湿気対策が必要で、防腐のために塗り直しの頻度も上げる必要があります。

木陰は虫類が集まりやすく、害虫も多くなるので要注意です。

小枝や落ち葉が意外と多く屋根の上に降り積もりますので、定期的に屋根の清掃もしなければなりません。

できれば、小屋経験者と話したい

小屋作りにおいて、初心者とプロの差は何でしょうか?

ツーバイフォー工法では、カンナやホゾ切り等の難しい現場加工は無いので、職人の技術の差は少ないです。

でも、小屋作りは初めて作る人と、2回目以降の人では、仕上がりと要する時間に大きな差があります。

失敗を防げる

はじめての小屋づくりでは小さな失敗が多く、特に設計でも失敗することがあります。

施工においても細かい調整方法を知らなかったために、そのまま進んでしまって、手戻りに時間がかかることもあるので、経験者と一緒に組み立てると多くのメリットがあります。

設計においても、完成品が長すぎたり短すぎたりと、現物を見ないと判断できない部分もあります。

一度作ったことがある人は、その感覚を知っているので、図面のイメージと作り方も初心者とは違います。

特に小屋の高さや天井高さなど、平面図よりも立面図の空間イメージが初心者には難しいようです。

屋根部分の小屋組み作業の時は高所作業になり、怪我や事故防止のノウハウが必要です。

一度、小屋作りを経験していると危険な作業にも気づきがあり、安全のために道具の準備や施工順番を変えるなど、経験者の知恵が活かされます。

けっして建設業者に従事ていなくてもいいので、一度、小屋を建てた人がいたら、質問してみると準備することが増えたり、設計施工が大きく変わると思います。

⇒失敗!小屋を作る時におきたハプニング

建てた後のことも…

小さな小屋であっても建てたからには、数年や数十年使っていくことになります。

将来的に小屋をどのように使っていくのかも含めて、小屋を作る前に検討しましょう。

ライフラインをどうするのか?

小屋の完成後に水道をひいたり電気をひいたりするときに、水道の本管から遠いと引き込み工事が高額になります。

枝管が長いとメンテナンスも大変になるので水道の事は必ず考えましょう。

電気よりも水道工事は高額です。数百万円になることもあるので必ず考えましょう。

小屋の高さ

木屋を設置する床面の高さにも注意が必要です。

将来的にウッドデッキを取り付けたり、増改築を考えていく場合は床面の高さが重要になります。

床面は建ててしまうと簡単に変えることができないので、建てる前によく検討しなければならず、床面は低すぎると床下の通風性が失われ、湿気が溜まりやすくカビや虫害にあいやすくなります。

高すぎると室内の出入りに高低差が生じ、上り下りが大変になります。

まとめ

外壁サイズだと思ったよりも境界線に接ししてしまうことが多いので、小屋を作るときに位置を決めるときは屋根のサイズで検討してください。

面を意識しておかないと、小屋がイメージと違う方向を向いてしまうことになりかねませんので、小屋の向きを決めるときは前面や後面のどこかの一面を基準にしてください。

水道の引き込みは高額になるので将来的に少しでも水道使用の可能性があるなら、本管の位置や費用を調べておきましょう。

土壌からの湿気や水分は思いのほか多量ですので、床面の高さは可能な限り高めに設定することをおすすめします。

シロアリ駆除の決め手は蟻道の早期発見です。

床下にもぐるには少なくても40cm以上の床下高さが必要です。

⇒木造小屋のシロアリ対策は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました