小屋の組み立て日数は?

小屋を建てる

セルフビルドで小屋を建てようと計画するときに、作業の時間がどれくらい必要が考えなくてはなりません。

週末の休日だけを利用して組立する方も多いでしょう。

おおまかな必要日数を把握しておきたいところですが、資材搬入、天候、道具など、さまざまな条件により必要作業時間が変化します。

天候によって大きく変わる

梅雨の時期や長雨で作業できない直接的な組み立て不可能日もありますが、小雨で作業できたとしてもロスするのが雨天です。

現場がぬかるんで作業がはかどらなかったり、資材が濡れたり汚れたりしないように養生作業が増えたりすると多くの時間がかかります。

また、足元や手が滑ったりする危険も高まり慎重に作業しなければなりません。

翌日も雨天予報の時は施工現場のシート掛けや道具や足場の撤去など、さまざまな作業が増えます。

悪天候では小屋作りしない

天気予報の精度が高くなってきましたので、雨天で現場状況が悪くなることが予想される時は、思い切って中止しましょう。

悪天候で小屋を作る作業をしても、危険で仕上げ悪く、余計な作業が増えるばかりです。

住宅建築の現場をみても雨天時に建築作業しているプロはほとんどいません。

効率が悪く危険を伴うため、悪天候には小屋を作る作業をしないと決めておくことが大切です。

資材の運搬にはとても時間がかかる

資材運搬の大型車両が通行できない道路だったり、横付けできない可能性があります。

山林内の小屋作りは山奥であることも多く、資材運搬の大型車両が通行できない道路だったり、横付けできない可能性があります。

セルフビルドなら原則的に一人で資材を運搬しなくてはなりませんが、一人では運ぶことができない重い資材や危険な資材もあります。

軽視されがちな搬入作業

搬入作業は大変時間がかかり、搬入計画を誤ると多くの時間を要します。

建築そのものよりも重労働といえる資材の搬入が、組み立て時間の計画を立てる上で重要となってきます。

資材の運搬作業はとても重労働で事故も多く、事前に念入りに検討する余地があります。

装備や道具に影響される

大工さんが装着している腰袋は、頻繁に使用する多種の道具を、身の回りに取り付けていて作業の効率を高めます。

大工さんが装着している腰袋は、頻繁に使用する多種の道具を、身の回りに取り付けていて作業の効率を高めます。

セルフビルダーは用意しない人が多いですが、道具を取りに行ったり来たりするロスは、時間と体力を浪費します。

また、セルフビルドでは道具のトラブルも付き物です。

インパクトドライバーなど毎日使う重要な道具に不具合が出ると、作業効率が大きく低下します。

高所作業の足場も、あるのとないのでは作業効率に差が出ます。

小屋を作る時の休憩

まとまった休日はなかなかとれないもので、週末の土日のみに小屋を建てる方も多いでしょう。

小屋を建てる作業には、一段落つく小完成の休憩ポイントがあります。

  • 基礎
  • 壁や柱の主要構造材
  • 棟上げ
  • 仕上げ

段落で区切って計画すると小屋作りの作業日数を求めやすくなります。

屋根仕上げまではシート等で雨水がかからないように毎回養生してください。

休憩回数と時間も影響します

お客様と小屋を作る機会もたくさんありましたが、作業時間について気づいたことがあります。

それは「休憩が多い方もいる」ということです。

一日に昼食時も含めて5~7回休憩して、一回の休憩が30分と長いのです。

ほとんど作業が進まず苦労したことがあります。

しかし、セルフビルドの小屋作りは趣味なので、それぞれのペースで楽しみながら小屋作りをするべきと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました