Low-Eガラスって何ですか?

Low-Eガラスって何ですか? DIYの前に

最近、エコな窓としてよく聞くLow-Eガラス。

二枚のガラスのペアガラスで透明ですが金属膜で表面をコーティングされています。

そのコーティング面の位置で性能が真逆になります。

Low-Eガラスは北海道や東北地方など寒冷地では普及してますが、それ以外の地域ではあまり良く知らない方も多いです。

光を通し熱を通さないLow-Eガラス

光を通し熱を通さないLow-Eガラス
光を通し熱を通さないLow-Eガラス

Low-Eガラスは主にペアガラス製品です。

光が反射した時に独特の金属のような反射色が特徴です。

窓に使用されている金属膜は、日射や光を透過しますが熱を通さない特性があります。

小屋断熱では開口部が重要

小屋のように狭い空間で断熱を計画する場合に、ドアや窓などの開口部の性能は快適性を大きく左右します。

少しのすき間風や日照で室温が大きく変化します。

あとから窓を入れ替えることも可能ですが、手間を考えると設計時に高性能なガラスの検討をすべきです。

熱を入れるか入れないか

Low-Eガラスと言っても、金属膜が外側のガラスにあるか内側のガラスにあるかで、真逆の性能になります。

Low-Eガラスと言っても金属膜が外側のガラスにあるか内側のガラスにあるかで、真逆の性能になります。

遮熱ガラスか、高透過ガラスという名で呼ばれます。

西日を避けたりするとき以外は、北海道や東北の寒冷地で使用されているのは主に高透過ガラスです。

  • 日射熱をカットしたいなら遮熱Low-Eガラス
  • 日射熱を取得できる高透過Low-Eガラス

夏の遮熱としてLow-Eガラス

東西の窓は遮熱Low-Eガラスにすることが多く見られます。
夏の暑さをカット

現在の遮熱Low-Eガラスは日射侵入率において40~50%で熱貫流率が2.5(w/㎡K)が主流です。

太陽光の50%以上をカットし、紫外線もほとんどがカットされます。

夏または春秋の西日は室内温度を急上昇させますので、東西の窓は遮熱Low-Eガラスにすることが多く見られます。

Low-Eガラスの冬の保温

普及が早かった北海道など寒冷地で使われる高透過Low-Eガラスは、住宅ではおなじみになってきました。

日射や光をよく通して室内の熱を閉じ込めます。

しかし、日射が多い太平洋側の気候では注意が必要です。

西日は断熱性能が高い建物を熱しすぎ、Low-Eガラスの性能も手伝い熱がこもり過ぎる可能性があります。

東西と南向きの窓を区別して性能を選び、計画する必要があります。

Low-Eガラスの注意点

窓の方角により日射を考えて、遮熱か高透過かを考えて設計することが重要です。
方角、日射を考えて、遮熱か高透過かを考えましょう。

配置をよく考える

季節や時間帯を考慮して窓を配置しましょう。

窓の方角により日射を考えて、遮熱か高透過かを考えて設計することが重要です。

誤った窓配置をするとせっかくの性能を発揮できないどころか、逆効果にもなりえます。

小屋の庇やカーテン、ブラインドの併用も検討し、遮熱を考えましょう。

値段が高い

気になる価格は、通常のペアガラスをLow-Eガラスに変えると20~30%ほど高くなります。

価格を決めるのはサッシの種類です。

アルミが1とすると、樹脂が2、木製サッシは4といった感じです。

重い

Low-Eガラスでなくてもペアガラスなど複層ガラスは、とても重量が重く、運搬や施工に注意が必要です。
20kg以上も

Low-Eガラスでなくてもペアガラスや複層ガラスは、重量が重く、運搬や施工に注意が必要です。

面積やサッシの種類によりますが、窓だけでも20㎏以上になります。

重いドアや窓をセルフビルドで小屋に取り付けるときは危険を伴います。

断熱窓の重量確認は絶対必要です。

気密性が高い

気密性が高まるので断熱を考える上で、換気も計画しなければなりません。

単板ガラスと比べると遮音性能も格段に高くなり、締切ると室内では外部の音がほとんど聞こえなくなるくらいです。

断熱窓を使うときは換気回数を計算して、小屋でも温度湿度の管理をしなければなりません。

まとめ、小屋こそ断熱をしよう

住宅では高断熱高気密にして、樹脂サッシのLow-Eガラスを使えばエコとされてます。

季節の日射角度や時間を考えず、いつも同じ窓にして間違えたLow-Eガラスの使い方をしている建物もあります。

建築施工業者が知らないことも多く、担当者によってはLow-Eガラスを間違えて使っていることもあります。

小屋だって開口部をしっかり考える

断熱は壁より先に窓を…

室内空間が小さい小屋は室温が変化しやすく、むしろ住宅以上に窓設計をよく考えないといけません。

住宅表示制度でも地域別に窓の基準や施工法を定めており、正しく設計施工しないと、冷暖房の負荷が逆に高くなることもあります。

それだけでは足りないので、窓の方位や面積、通風や換気、建物のその他の断熱性能も考えて、総合的に正しい計画設計をしましょう。

⇒小屋にクーラーは必要?

コメント

タイトルとURLをコピーしました