小屋のリフォーム

小屋のリフォーム 小屋を建てる

ログハウス風の木製小屋は、住宅以上にメンテナンスが長持ちさせる上でとても重要です。

いつも人が住んでいる環境と違い、長期間放置される別荘などは、特に注意です。

小屋のリフォームを紹介します。

再塗装(塗り直し)

再塗装について

木が腐る原因は、主に細菌や害虫の食害です。

これを最も効率的に防ぐには、塗装の塗り直しで1年に一度再塗装をおすすめします。

その頻度で木部耐久性が大きく変わります。

なぜ再塗装が必要?

木材腐朽菌や木食虫類は、「酸素(O2)、水(H2O)」と「栄養素(木材)」の三種が揃ってはじめて分解(食害)活動が活発化します。

木部塗装は、塗膜や含浸薬剤で「酸素、水、栄養」を遮断します。

しかし、日照や風雨にさらされ劣化がすすみ、効果が薄れてきます。

そのため、再塗装することが必要なのです。

屋外の木板裏にはミミズや微生物が生息していますが、彼らが木部を分解します。

地上に置いた状態が木材を最も腐朽させる環境で、生物活動が活発化する夏前にメンテナンスしましょう。

木が腐るメカニズム

「水車」や「木船」は意外に朽ちません。

木部腐朽は錆などの化学反応(酸化)とは違い、菌や虫の食害が主です。

木材腐朽菌や木食虫類は「酸素(O2)、水(H2O)」と「栄養素(木材)」の三種が揃うと分解(食害)活動が活発化します。

例えば「水車」や「木船」は意外に朽ちません。

これは酸素か水が欠乏し、腐朽菌活動が抑制されるためです。

空中では水が少なく(乾きやすい)水中や地中では酸素が欠乏します。

反対に地上面では「酸素、水、栄養素」の三拍子が揃うことで最も腐朽が進みます。

こまめな再塗装でリフォーム効果

木部塗装による塗膜は上記の腐朽三要素を遮断しますが、風雨で塗膜が劣化するので、できるだけ短期間でリフォーム再塗装することが大切です。

清掃で汚れを取り除くだけでも効果があります。

「高価な塗料の方が耐久性が高いですか?」という質問をよく受けますが、確かに性能の差はありますが、長期で見るとこまめな再塗装が高耐久の決め手です。

軒先にご注意

軒先のせり出しが小さいと壁や壁下が雨水で長時間濡れて腐朽が促進します。

軒先のせり出しが小さいと、壁や壁下が雨水で長時間濡れて腐朽が促進します。

軒先自体も腐朽が早い箇所で、この部分に水が滞留しないように、水切り金物などで対処しましょう。

「雨どい」は雨水の打ち返しを防止できて、壁や床部の木材腐朽防止に有効です。

「雨どい」は、木材腐朽防止に有効です。

うす塗り、塗りにくい所から

厚塗りはひび割れや色ムラの原因、塗料はうすくのばして複数回重ね塗りするように作業します。

塗り忘れを防ぐため、細かい場所や塗りにくい場所から塗りはじめ、正面や広い面は最後に塗装します。

塗料性能がおちるので5℃以下の時は塗装作業をさけましょう。

廃棄は下水に流さず紙や布にしみこませ、一般ごみとして処理します。

用意するもの

ハケと容器

は大小2種類あると便利で、塗料を入れる容器はペットボトルでもOK。

塗料

ムラ防止のため缶底にたまりやすい塗料成分を、缶を逆さまにしたり、棒などでよくかき混ぜましょう。

開封後は性能がおちますので、使い切るようにご用意ください。

カビや古い塗膜が残っていると仕上がりが悪くなりますので下地掃除をし、塗りたくない所はあらかじめマスキングをしましょう。

ステイン系の手順

汚れやカビを取り除く。

塗装面を水やうすめ液できれいにして乾燥させる。

最下部や隙間、ドア枠や窓などの塗りにくい所から吸い込ませるように塗る。





ペンキ系の手順

2色の場合は、サブカラー材(隅木、破風板など)をはずす。

ステンレスたわし等で劣化した塗膜を落とします。

細かい部分、上部(高い所)から再塗装を開始します。

2回塗りが基本なので1回目がよく乾燥してから2回目を塗り、乾燥させてからサブカラー材を取付なおして再塗装完了。

(↓)写真の塗料はアサヒペンの「バリューコート(つや消し・空色)」を使用してます。

ドアの調整

ドアの開きが悪い場合は、戸の上か下がドア枠にあたっていることが多いです。

原因は、躯体の変形が考えられ床の浮き沈み等による戸枠のゆがみで、これを調整することでほぼ直ります。

内部の基礎がドアに影響を与えていることがあります。

ガレージに重要なドアの調整

雪おろし

屋根の積雪が1mを超えたら雪おろしを。

氷や雪庇を無理にはがそうとするとアスファルトシングルが破れるので、屋根上の雪は20cm厚ほど残してください。

DIYキットハウスの雪おろし

コメント

タイトルとURLをコピーしました