小屋で最初に考えるべきトイレ

小屋で一番最初に考えるべきなのはトイレ 設備

週末だけ田舎暮らしや小屋暮らしを体験したい方が多く、小屋作りに挑戦しようとしている方が増えてます。

小屋をグランピングのようにしたりウッドデッキを作ったりと夢が広がります。

広さ、デザイン、予算など、いろいろ考えていると思います。

一番初めに何から手を付けたらいいかわからないという方のために、ちょっと意外なお答えをします。

最初に考えるべきは、トイレです!

トイレは小屋作り前の重要問題

山林内でもトイレ問題をしっかり解決できれば、落ち着いて小屋づくり計画を開始できます。

憧れの田舎暮らしの夢を描いている時にトレイの話で申し訳ございません。

でも、場所選びをしている時にだってトイレに行きたくなります…。

田舎のご近所関係悪化にもつながる大問題

人があまり居ないのでその辺で用を足したり、コンビニのトイレを借りたりするのもマナーやモラルの観点からどうかと思います。

衛生上、せっかくの自分のフィールドを汚したくないものです。

もし近所の方に見られたら、自分達の土地が汚されてるわけで良い気がしないはずです。

都会と違って村社会では助け合わないと快適生活を維持できず、一度人間関係を悪くすると修復するのに大変苦労します。

山林内でのトイレの問題をしっかり解決できれば、落ち着いて小屋づくり計画を開始できます。

計画の段階でも必要なトイレ

自宅から2時間かけて田舎暮らしフィールドに到着したとします。

小屋を作る前の現場に到着したら、まず、最初にトイレが気になりませんか?

冬の寒い時期なら頻度が増すはずです。

そうなんです、トイレは小屋作りする前から必要なのです。

小屋作りをしようと計画している方でトイレから考える方は非常に少ないです。

皆さんは小屋を完成させてからトイレを取り付けようとします。

それは誤りです!

先にトイレから設計して小屋作りを進めていきましょう。

水洗が必要か?

当たり前ですが水洗トイレには水道が必要です。

小屋に上下水道を引くのかは、予算を考える上でととても重要な問題です。

水洗トイレには水道が必要です。

ここでよく考えておきたいのは、上下水道の引き込み費用が安くはないということです。

上下水道を利用するには…

一般住宅の場合は市街地に公共の水道本管が埋設されています。

住宅建築時にはその本管から引き込み管を取り付けて水道を利用します。

管の分岐や埋設深度、距離、工事条件にもよりますが30~60万円というのが私の相場観です。

しかし、これはあくまでも市街地での価格です。

山林には本管が近くに来てないことがほとんどです。

引き込み管をつなぐには長い距離の水道工事が必要になります。

驚くような工事費用になることもあるのです。

浄化槽ではどうか?

近年の浄化槽はトイレ汚水とともに雑排水も一緒に処理する合併浄化槽が主流です。

当然ですがトイレの汚水をそのまま河川に流してはいけません。

汚水は処理してからなら河川に流すことができます。

その処理をするには浄化槽を設置する必要があります。

浄化槽はブロワに電気を使いますし、汲み取りが必要で清掃のメンテナンスにも費用がかかります。

近年の浄化槽はトイレ汚水とともに雑排水も一緒に処理する合併浄化槽が主流です。

単独浄化槽よりも合併浄化槽の方が高価です。

小屋暮らしにうまく合うような小型浄化槽がないので、費用は少なくとも100万円くらいは見ておいた方が良いでしょう。

浸透ますって何?

浸透桝は処理された水をながす河川などがない時に地中に処理水を浸透させる方式

小屋暮らし計画をされている方に「浸透ますで汚水処理する…。」という方がいます。

浸透桝は処理された汚水をながす河川などがない時に、地中に処理水を浸透させる方式です。

問題なのは、この方式を勘違いして汚水を未処理のまま地中に浸透させて良いと考えている方がいます。

汚水を垂れ流すと近隣の河川や地下水、土壌の汚染につながることは明らかです。

浸透桝は浄化槽などで処理された排水を地中にしみこませて処理する設備です。

汲み取り式の仮設トイレが最安値

水洗トイレが快適なのは間違いありません。

工事現場やイベント会場にある仮設のトイレは、けっこう歴史があり最も安価に設置運用が可能です。

市町村によりますが汲み取り費用も数千円と安くてメンテナンスも楽です。

最新仮設トイレの進化

最新の仮設トイレは進化していて、消臭力がすごかったり水を流せたりして快適です。

中には手洗いが別になり、ウォシュレットまでついたタイプもあるようです。

以前に比べるとバイオ技術も研究され臭気はかなり抑えられていると思います。

女性は仮設トイレがダメ

建設現場によくある汲み取り式の仮設トイレ

男性と女性ではトイレの考え方がかなり違います。

建設現場によくある汲み取り式の仮設トイレは、女性から見ると使用に抵抗があります。

夏場はどうしても臭いを抑えきれず、汲み取り式という処理方式そのものが原因なのかもしれません。

女性の方はトイレが原因でアウトドアライフやキャンプをためらったりする方もいます。

バイオトイレも選択肢に

バイオトイレ(コンポストトイレ)は分解が適切なら臭いがしない。
バイオトイレ(コンポストトイレ)

バイオトイレ(コンポストトイレ)を長年使った経験がある方はあまりいないかもしれません。

私たちはキットハウス展示場で数台を5年間くらい使っていた経験があります。

電気なしでも十分

各メーカーのバイオトイレには大きく分けて、電気を使うものとそうでないものがあります。

各メーカーのバイオトイレには、大きく分けて電気を使うものとそうでないものがあります。

処理構造は菌の力で汚物を分解するわけですが、電気で温めることにより処理能力を高める効果があります。

低温ですと菌の活動が弱くなり、分解能力が不十分になりがちです。

重要なのは使用頻度です。

2人までの使用なら電気無しでも気になりません。

気温5℃を下回ると菌による分解能力が落ちる気がしますが、しっかりメンテナンスしていて暖かくなると再度分解処理されていきます。

短時間に多量は処理できません

バイオトイレの弱点は、一度に多量の分解処理ができない点です。

一般的に一台で1~4人の利用で設計されてます。

仮設トイレはイベントなどでも使われててタンクが満タンになるまで使えます。

一方、バイオトイレはその都度分解するので短時間処理できず、ここが仮設トイレとの大きな違いです。

宴会や集会で多人数が集まって利用するには不向きです。

メンテナンスは?

バイオトイレには換気のためにファンをまわす小電力が必要です。

夏場は仮設トイレと比較して臭気はほとんど無いように感じます。

水洗のように清潔感はありませんが、臭いがないのは驚きます。

最初は抵抗がありますが、目の前で浄化されていくので慣れてくると気持ちがよくなります。

メンテナンスは落ち葉やおが粉など菌のエサ、水分を与える事とわずかな換気のためにファンをまわす小電力が必要です。

電力は小型の太陽光パネルで十分です。

トイレを実験的にスタートしてみては?

小屋暮らしにかけられる予算が100万円の方だと自動的に仮設トイレやバイオトイレ

小屋作りにおいてトイレ問題は最初にして最大の問題です。

多くの小屋暮らしを見てきましたが上下水道や浄化槽を設ける方は少なく、予算を500~1,000万円かけられる人々です。

その場合はボイラーも整備し風呂も設置され、ほとんど住宅と変わらない給排水設備にされます。

かけられる予算が100万円程度の方だと、自動的に仮設トイレやバイオトイレになります。

利用頻度に注意

トイレなどの水まわりは住宅のように継続して使わないと設備が劣化します。

せっかく設備を整えても数カ月使われない状態が続くと、新しくても不具合がおきることもあります。

将来的に別荘のような小屋ライフを考えていても、最初は仮設トイレやバイオトイレにしてコストを抑えて実験することをおすすめします。

携帯ウォシュレットもたくさんの種類があり高性能な製品があります。

災害時にも参考になります。

コストをかけない簡易トイレでの実験が小屋作りのスタートにおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました