小屋にクーラーは必要?

小屋にクーラーは必要? DIYの前に

小屋暮らしに薪ストーブはよく似合いますし、設置されている方も多くいます。

輻射熱に注意して煙突を付ければ、薪ストーブの設置は楽でDIY可能で、冬の寒いシーズンでも小屋暮らしを快適に楽しめます。

では、小屋暮らしを楽しむうえで、近年の暑い夏はどのようにすれば快適に過ごすことができるでしょうか?

猛暑をクーラー無しで小屋ライフを楽しむ事ができるのでしょうか?

太陽熱が暑さの原因

朝から夜までずっと木陰になる場所の小屋は、日差しを考える必要がなくいつも涼しいです。

山林は木陰があって夏でも涼しいですが、山に行けばどこでもそうとは限りません。

直射日光が当たる場所や、地熱から蒸しかえるように暑い山林もあります。

小屋の室内温度も、直接、日射しが当たる場所とそうでない場所では大きく違います。

熱は屋根や壁から室内に入ってきますので、小屋を建てる方角や陰になるかはとても重要です。

朝から夜までずっと木陰になる場所の小屋はいつも涼しいですが、直射日光が当たる場所は一気に室温が上昇します。

陽の傾きに注意

春夏秋冬、朝日と西日の状況を考えて小屋づくりに生かす必要があります。

西日は、日差しによって室温を急激に上昇させます。

春夏秋冬、朝日と西日の状況を考えて、室温の最高温度の時間帯を把握して、小屋づくりに生かす必要があります。

小屋であっても住宅のように、窓やドアなどの開口部の配置や動線を考えてみましょう。

壁・屋根の表面温度で快適さが変わる

太陽熱が暑さの原因
太陽熱が暑さの原因

室内の壁や屋根の表面温度は、室温を上げたり下げたりします。

壁や屋根の室内表面温度と室温の差が大きいと、人間は快適に感じません。

空間においても、部屋の上部と下部で温度差が大きいと「足が寒い」など、何だか快適に感じないのです。

壁や屋根の表面温度に激しい変化がある金属のスチール物置で断熱していないと、夏も冬も室内で長時間快適に過ごせません。

触ると熱い壁だと、いくらクーラーをつけて室温を下げても快適に感じないのです。

温度湿度調整してくれる木造

木材は鉄などに比べて資材の温度変化が緩やかです。

一気に室温が乱高下しないので、小屋づくりには木造が適しています。

さらに見逃せないのが湿度で、水蒸気を適度に吸収したり吐き出したりしてくれます。

木造小屋は、うまく設計すれば室温と湿度をコントロールできて、快適に過ごすことができます。

冷房暖房とセットの換気

染された空気が滞留するのは好ましくありません。
小屋でも換気が大切

気密性が高い住宅が主流ですが、木造の場合は外気のとりこみに積極的でないといけません。

換気が十分でないと新鮮な空気循環がなく、空気が清潔ではありません。

人体への影響や防虫防腐の観点からも、汚染された空気が滞留するのは好ましくありません。

結露には換気

湿度管理ができていないと結露が発生し、壁や屋根内部のカビ発生、腐朽につながります。

小屋暮らしの暖房、冷房の設計でも、必ず換気計画をいれましょう。

結露対策は断熱や間取りにも影響してきますので、小屋を作る前の設計段階で対策しましょう。

小屋のクーラーは設計時に検討を

小屋を建てる予定の現地調査と、冷暖房機器の性能情報を集めて小屋の設計をすることがおすすめです。

除湿機能がついていたり暖房もついていたりしますので、予算があれば小屋にクーラーを取り付けることをおすすめします。

小屋は設計の工夫や断熱性能によっては、冷房暖房がほとんど必要がないこともあります。

例えば、林内の日陰に建つ小屋室内は「夏は涼しく、冬は暖かい」こともあります。

寒冷地や熱帯では難しいですが、設計段階の工夫で冷房暖房のイニシャルコストもランニングコストも大きく変わります。

小屋を建てる予定の現地調査と、冷暖房機器の性能情報を集めて小屋の設計をしましょう。

室温変化が激しい小屋

室内空間が小さい小屋は、住宅と比べると室温の変化が大きいです。

一部屋しかないこともあり、ドアや窓の開け閉めですぐに室温が変化します。

そのため短時間で室温差があると、無意識のうちに不快(室内で過ごしやすくない)に感じます。

断熱で室温変化をゆるやかにすることや冷暖房をうまく設計して、室温変化を抑えるようにすることも小屋ライフを快適にするコツです。

DIYでエアコン取付も可能

専用工具が必要になりますがレンタルサービスもあり、自分でエアコンを取り付けることも珍しくなくなりました。

クーラーをDIYで取り付ける方も多くなりました。

専用工具が必要になりますがレンタルサービスもあり、自分でエアコンを取り付けることも珍しくなくなりました。

取付専門業者に依頼しても2万円ほどで、DIYで取り付けてもそれほど工事費用の節約にはなりません。

セルフビルドで取り付けた方に聞くと、配管接続不良による空気漏れの失敗が多いようです。

「漏れてる場所が特定できなくて時間がかかった…」と聞いたことがあります。

決して簡単ではないので、構造を理解したいDIYチャレンジャーには良い経験かもしれませんが、不安な方にはちょっとお勧めできませんね。

⇒バイク・庭の小屋にも大切な換気計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました