小屋計画

小屋計画をたてよう

小屋を建てたいと思った時に大切なのは計画です。

やりたいことを考えると夢が広がりますが、計画を建てないと中途半端な小屋ライフになってしまいます。

  • 小屋を作りたいだけなのか?
  • 小屋に何を求めるのか?
  • 小屋ライフに必要なインフラは?

動き出す前に、小屋で「何をやりたいか?」「どう使うか?」を想像しよく考えておきましょう。

泊まったりするのか倉庫物置として使うか?で、計画や予算が大きく変わってきます。

住居なのか、物置なのか?

これまでのPANELHOUSE販売を通じて小屋を建てようと考えている方は、使用目的が大きく分けて住居か物置かの2つにわかれます。

DIYの家

住宅として考える人も増加してます。
住宅として考える人も増加してます。

住宅として考える人も増加していてローンを組まないでムリなく我が家を手にしたい需要が、セルフビルドへと進む原動力となっています。

しかし、住宅はさまざまな法律規制がありそれらは人命を守るものでもあるので、完全てセルフビルドというのは困難です。

家として小屋を計画する人はコストダウンが大きな目的でしょう。

そのために、できることは自分でする姿勢や完成後の維持管理はDIYという考えが大切です。

新たな物置の形態

物置と家の中間に位置する小屋
新たな物置の形態

新築件数が多い時代は物置としての小屋需要が多かったですが、近年は物置として計画していても+αを小屋に求める人が多いです。

物品を収納しつつ残りのスペースで工房としたり、作業をメインとしてロフトに物置収納するのが人気です。

この使い方には電気が必要になるものの上下水道のニーズはあまりないのが特徴です。

寝食をしないので物置と家の中間に位置する小屋ということになります。

広さ、大きさ、タイプは?

出荷4,000棟で最も多かったのは3坪

出荷4,000棟で最も多かったのは3坪で使い方としては小別荘、物置、バイクガレージなどが多かったです。
出荷4,000棟で最も多かったのは3坪

PANELHOUSE販売数が一番多かったのは3坪(10㎡)で、物置としてもミニハウスとしても多くの方にご利用いただいてます。

壁高は低いタイプより高めの241cmが人気でした。

3坪の使い方としては小別荘、物置、バイクガレージなどが多かったと記憶してます。

山林の小別荘などにする方は大きめ(広め)の小屋を建てる方が多く、平屋がほとんどで8坪を超えるタイニーハウスが主流でした。

ウッドデッキ付きのPANELHOUSE

屋根が付いたウッドデッキ付きは人気で、大きさにかかわらずご注文いただきました。
屋根が付いたウッドデッキ付きは人気

外観も良くてエクステリアの一環となる屋根が付いたウッドデッキ付きは人気で、大きさにかかわらずご注文いただきました。

アウトドアグッズを「干したり」「室内に入れたくないモノを置いたり」使いやすいのが理由です。

後から取り付けると雨漏り原因となる屋根の接続に苦労し余計に費用が掛かかります。

使い方を想像しウッドデッキや外構も小屋を建てる前に計画しておく必要があります。

⇒小屋を建てるならウッドデッキ、テラス付き?

100万円以内にしたい希望が多い、予算

小屋を作る方は100万円以内でおさめたいという要望が多いです。
小屋作りの予算は100万円が多い

販売実績から予算の傾向を分析すると、小屋を作る方は100万円以内でおさめたいという要望が多いです。

この予算でできることはさまざまですが、3坪程度で上下水道付きや6坪のライフライン無しなど、ニーズは多様です。

小屋作りには躯体資材費以外にお金がかかることが多く総予算を考えておくことが大切です。

はじまりは設計

あたりまえですが設計図がないと建物をつくることができません。

細かく予算を算出するにも設計が必要です。

設計をするには「やりたいこと」を整理しておくことが大事で曖昧だと、作業が止まったり後から後悔することになります。

途中から徐々に設備を追加していくセルフビルダーもいますが、それならばそれに適した追加しやすい設計にする必要があります。

小屋完成後に追加はコストがかかる

小屋完成後に追加はコストがかかる
後付けは費用がかさみます。

「やっぱり室内にトイレが必要だった」「飲み水以外のたくさんの水を使いたくなった」など、上下水道の後付けは費用がかさみます。

水を使うのはトイレや風呂ですが、これらをどうするのかは小屋を作る前に必ず考えましょう。

小屋でやりたいことを整理して計画をたて、設計者と話し合うことから小屋作りがスタートします。

⇒小屋暮らし準備の優先順位

タイトルとURLをコピーしました