計画

小屋を建てる計画
小屋を建てる計画

小屋を建てたいと思った時に大切なのは計画です。

作ることが好きな人、できた小屋を楽しみたい人、夢が広がりますが計画を建てないと中途半端な小屋ライフになってしまいます。

動き出す前に、小屋で「何をやりたいか?」「どう使うか?」を想像しよく考えておきましょう。

小屋を住居として使うか、それ未満か?で計画や予算が大きく変わってきます。

物置なのか、家なのか?

新たな物置の形態

新たな物置の形態
新たな物置の形態

小屋の完成後の用途を考えましょう。

新築件数が多い時代は、新築の物置としての小屋需要が多かったですが、近年は物置として計画していても+αを小屋に求める人が多いです。

物品を収納しつつも少しのスペースで工房となるような間取りや、作業小屋をメインにしてロフトに収納するのが人気です。

寝食をしないので、物置と家の中間に位置する小屋ということになります。

DIYの家

住宅として考える人も増加してます。
住宅として考える人も増加してます。

住宅として考える人も増加してます。

ローンを組まないでムリなく我が家を手にしたい需要が、セルフビルドへと進む原動力となっています。

しかし、住宅はさまざまな法律規制があり、それらは人命を守るものでもあるので、完全てセルフビルドというのは困難です。

家として小屋を計画する人は、コストダウンが大きな目的でしょう。

そのためには、できることは自分でする姿勢や完成後の維持管理はDIYという考えが大切です。

広さ、大きさは?

出荷4,000棟で最も多かったのは3坪

出荷4,000棟で最も多かったのは3坪
出荷4,000棟で最も多かったのは3坪

PANELHOUSEは、組み立てキットハウスとしての販売は2019年12月で終了しました。

小別荘、物置、バイクガレージなどで幅広くお使いいただきました。

販売数が一番多かったのは3坪(10㎡)で、物置としてもミニハウスとしてもご利用いただいてます。

壁高は低いタイプより、241cmが人気でした。

山林の小別荘などにする方は、大きめ(広め)の小屋を建てる方が多いです。

住宅で見られる二階建てではなく、広めの平屋がほとんどで、8坪を超えるターニーハウスが主流でした。

ウッドデッキ付きのPANELHOUSE

スーパーハウスやプレハブに。デッキタイプについて
D(1スパン)、D2(2スパン)、D3(3スパン)と表記します。
屋根が付いたウッドデッキ付きは人気で、大きさにかかわらずご注文いただきました。
屋根が付いたウッドデッキ付きは人気

屋根が付いたウッドデッキ付きは人気で、大きさにかかわらずご注文いただきました。

外観も良く「干したり」「室内に入れたくないモノを置いたり」意外に使いやすいのが理由です。

タイトルとURLをコピーしました