木製ガレージはシャッターが重要

木製ガレージはシャッターが重要 小屋を作る

PANELHOUSEにシャッターを取り付けたガレージタイプもありました。

開口部にシャッターを取り付ければOKではなく、多くの改良点がありました。

完成写真をいただいたり、訪問し現物を拝見して思いましたが、「ガレージはシャッターでイメージが一変する」のです。

シャッターで見た目が変わる木製ガレージ

シャッターで見た目が変わる木製ガレージ
写真のシャッターは合成です

上の写真はシャッターだけ合成ですが、ガレージはシャッターで印象が大きく変わります。

外壁や屋根も建材により印象が変わりますが、開口部のシャッターはその比率がかなり高いように思えます。

ガレージを検討するときは、まず最初にシャッター選びから始めるのが良いのではないでしょうか?

木製や電動式が普及

以前は憧れの木製が、施工費にもよりますが近年は手ごろな価格の商品も増えてきました。
憧れの木製シャッター

高級住宅街で見かける木製シャッターは、それだけで300万円以上もかかる商品もありました。

以前は高価格なことから、憧れの木製シャッターでしたが、近年は手ごろな価格の商品も増えてきました。

電動式もかなり普及してきて、ガレージを作る時には、ぜひ欲しいオプションです。

セルフビルドできないシャッター施工

シャッターは意外に重量が重くて、取り付けには経験とノウハウが必要です。

ガレージをセルフビルドする際にシャッター部分の組立は専門業者に依頼すべきです。

以前に私もやってみましたがシャッターは意外に重量が重くて、取り付けには専用の工具や経験とノウハウが必要なこともあり、巻き込み事故などでケガをする恐れもあります。

シャッターメーカーでは取り付けは専門員が施工することとして、DIYを推奨していません。

シャッターは毎回動かす可動部であり、適切に取付しないと不具合が生じ事故につながることや商品の保証サービスが受けられなくなります。

木製ガレージの基礎

ガレージの土間基礎で重要なのは、建築面積は当然ですが底面高さと開口部サイズが重要です。

自動車を格納するガレージの基礎は、土間(布基礎やべた基礎)が基本で、バイクガレージでもオイル漏れや重量を考えると土間基礎の方が良いでしょう。

基礎設計では床高さも大切

適切な底面高さを検討することが大事

ガレージは土間基礎が重要で、特に床高さ(土間底面)が大切です。

底面が高すぎると車両やバイクの出し入れの際に、スロープこう配を急にしなければなりません。

逆に低すぎると、雨水や土砂ゴミがガレージ内に入り込みやすくなります。

建築する位置や面積とともに、適切な底面高さを検討することが大事です。

整備したり愛車を眺めるガレージハウス

ガレージの使用目的が「車庫だけとして使用するのか?」、「ちょっとした整備作業もできるガレージが必要なのか?」も検討しましょう。

プレハブ式のガレージでも、車庫の中で整備作業したり、愛車を眺めてくつろぐスペースがあるタイプが人気です。

ドアを設けたり、窓や換気計画、車両の動線を踏まえた位置方向も検討して、ガレージを計画する必要があります。

また、水道や電気が必要かも考えておきましょう。

ガレージは、ドアを設けたり、窓や換気計画、車両の動線により位置方向も検討して計画する必要があります。
ちょっとした整備作業もできるガレージも

幅2.5×奥行5mでは狭い?

乗用車は2m×5mのスペースで収まりますが、ドアの開閉や乗降を考えると、幅3.6mくらい欲しいものです。

コンビニやスーパーの白線は幅2.5mくらいが一般的ですが、それほど広くは感じませんよね。

後部がハッチバックドアなら、開閉のために奥行きが5m以上必要になってきて、高さも確認しましょう。

敷地が面する道路からの車庫入れも考えなければならず、ガレージのために確保する敷地は意外と広く必要なことを意識しておいてください。

多摩地区のガレージ施工を承ります

開口部は専門員の取付になることと、基礎工事は経験がある事業者に相談した方が良い

キットハウスでガレージのご相談を受けた時も同様ですが、シャッターがあるガレージは完全セルフビルドは難しいでしょう。

開口部は専門員の取付になることと、基礎工事は経験がある事業者に相談した方が良いと思います。

東京都の武蔵村山市からエクステリア専門会社ModernCreateが伺います。

どんなガレージライフをお考えですか?

ガレージ外観はシャッターが大切ですが、設計時には完成後にどう使うかのイメージも重要です。

車両を収納するだけなのか、少し整備をするのか、カフェスペースを付けるのかなどで必要なライフラインや基礎設計が変化します。

住宅街か?郊外か?で、ガレージにも用途地域の制限等、法律が適用されたりします。

シャッターの種類、換気や内装の制限にも注意

シャッターは防火の制限や風圧によって設計を変える必要があります。

風圧力により、シャッターの強度が決められます。

防火地域や準防火地域によっても内装の制限を受け、壁を不燃材にしたり防火対策された製品でないと取付できないこともあります。

室内には車両などの原動機が格納されるわけで、換気や室内の防火も検討しなければなりません。

ガレージをセルフビルドするには、DIYでできる部分とプロのノウハウが必要なところをしっかり話し合う必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました