小屋のドアや窓をどうする?

小屋のドアや窓などの仕様を考える

小屋を作るときにどんなドアや窓にするかや断熱の事、メンテナンスの事が気になります。

建物のパーツごとに見て検討するポイントを紹介したいと思います。

小屋建物のパーツごとに見て検討するポイントを紹介したいと思います。
物置倉庫や小住宅にも。パネルハウスキットにはドアが1枚付属します。

ドア

小屋にはドアが必要ですが出入り口を2カ所やそれ以上にするなら設ける位置や動線も考えなければなりません。

開く方向は左右どちら?

完成後に開く方向(左右)を逆にすれば使いやすかったという声もよく聞きました。
左)左吊り右開き、右)右吊り左開き

完成後に開く方向(左右)を逆にすれば使いやすかったという声もよく聞きました。

PANELHOUSEの標準は写真左の「左吊り右開き」でした。

ドアクローザーは付ける?

木製のDIYドアは住宅用に比べると軽く、ちょっとした風でバタンと急に閉じたりします。

それを解決してくれるのがドアクローザーで、閉じ速度の調整や180°まで開くことができコストがそれほどかからないですがドア機能としてはとても重宝します。

観音開きドアで開口部を大きく

開口部の幅を大きくする観音開きはPANELHOUSEでもとても人気がありました。

キットでは設定しませんでしたが「引き戸」の需要も多くありました。

大きな開口部は壁面積がなくなるのでドアの上部に「まぐさ」で補強したり、接する壁の耐力を失わないように設計する必要があります。

積雪地では雪に重みでドア枠がゆがむのでこまめな雪下ろしやが必要です。

ドアの網戸は便利

ドア用の網戸はスライド式などが市販されてて、木枠を自作するなどしてセルフビルドで簡単に取付できます。

蚊や蜂が小屋室内に入ると大変なのでおすすめのパーツで、基本的に室内から取り付けるので完成後に取付を検討することもできます。

⇒使える。小屋の網戸

ドアと同様に窓も開閉方向や使う材質に検討が必要です。

窓の材質は?

小屋なら割れないアクリルや塩ビ樹脂も使われます。

住宅の窓材質はガラスが常識ですが、小屋なら割れないアクリルや塩ビ樹脂も使われます。

違いは透明度や扱いやすさで、板ガラスは加工がやや難しくDIYに適しているのはアクリル等の窓です。

ガラス:透明度(高)加工しやすさ(低)
アクリル:透明度(中)加工しやすさ(中)

ガラスは年数がたっても傷がつきにくく透明度が変化がないのに対し、アクリルは傷がつきやすく長年の細かい傷がつくと曇ったようになります。

アクリルは割れにくくガラスは割れやすいのも特徴です。

キットのアクリル製窓は厚さ3mmを使用してました。

ガラス、アクリルとも単板の場合は断熱性能に大きな違いはありません。

窓の開閉方法は?

セルフビルド小屋での窓の開閉方向はさまざまですが、トラブルが少ないのは上吊り下開きがおすすめです。

多少建てつけが悪くても上吊りなら開閉しやすく、最悪の場合、閉まらなくなっても雨水の入り込みは最小限で防ぐことができます。

小屋の網戸は付けたい

なぜか木製小屋には虫が集まり、窓を開け網戸がないと室内はすぐに虫だらけになります。

小屋にとって網戸は必需品でDIY商品もありマジックテープ式で開閉可能なタイプは取り扱いも簡単です。

⇒使える。小屋の網戸

ドアと窓を断熱仕様に

断熱を考えて設計するなら開口部から断熱仕様の窓サッシを選ぶべきです。

セルフビルドでは難しいので市販されているサッシやドアを買って小屋に取り付けることになります。

断熱性能が高いドアは二重ガラスで重量が重く、一枚で30kg以上あるので運搬や組立に注意が必要です。

網戸オプションがあったりツーロックシリンダー錠付やフリクションアーム付属が多く、錠やドアクローザーは不要です。

屋根断熱も検討しよう

小屋完成後は屋根断熱作業はやりにくいので小屋を建てる前に検討すべきです。

屋根断熱にも通気層があると良く、使う断熱資材はポリスチレンフォームが使用されます。

断熱校を実感するには気密性が必要なので、気密テープやシートを使い丁寧に施工する必要があります。

⇒暑さ寒さで屋根断熱を考える

雨どいがあると良い

小屋の外壁を濡らさないことは防腐に影響があり、雨どいの有無は外壁の耐久性に影響が出ます。

積雪地でも取り付けることができる材質の雨どいも発売されているので、ぜひ取り付けを検討して下さい。

塗料にこだわる

木部外壁ははけ塗りで塗装しますが、選ぶ塗料で小屋の仕上がりがすごく変わります。

カラーや色分けはもちろん、防腐効果も選ぶ塗料によって違います。

二色のカラーを使うなら一色はホワイト系が人気でどんなカラーにも合うのが特徴です。

単位用量当たり価格が3倍違うこともありますが、多くの場合は防腐効果の持続性と正比例します。

古くからPANELHOUSEで多種の塗料を使ってみましたので実感できます。

⇒木部塗装の注意点

たなやロフト

小屋の空間利用をする上でたなやロフトの製作は有効です。

ツーバイフォー材で枠組みし12mm厚の合板で作れば、設計荷重が150kg以上も可能です。

好みの高さに取付できて限られた室内空間を有効利用できますのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました