小屋の仕上げにドアノブを取り付ける

小屋の仕上げにドアノブを取り付ける セルフビルド事例

ポリカーボネート波板で屋根を葺いてから、約1ヵ月ほど経過した8月初旬に、小屋を作っている現場に行って仕上げ作業をしてきました。

波板で葺いてから何回か雨が降ったと思いますが、点検したところ、雨漏りの形跡はありません。

いきなり雨漏りする事はないと思いますか、心配でしたのでよく見てみましたが、問題なさそうです。\(^_^)/

北海道の豪雪地なので、一冬を越えてみないとわかりませんが、積雪強風地でもポリカーボネート波板で小屋の屋根を葺くのはアリだと思います。

小屋の仕上げをした

雪が降ってくる前にモノを収納したいのですが、物置倉庫としても使えず、中途半端になっていました。

せめて部材や工具、ゴミ類を収納できるように仕上げしてきました。

雪庇で折れ曲がるかも…

波板屋根材の軒出しは4cm?

水切り金物をつけませんでしたが、波板を4cmほど軒先から出したので、雨水は木材部に当たらず濡れてません。

濡れやすい軒先の鼻隠し部分は、木部腐朽が早くはじまる箇所です。

だからといって軒先から屋根材を出し過ぎると、「雪庇」という積雪強風地にできる雪塊の庇が屋根上にできるので、軒から出た波板が折れ曲がり破損する可能性もあります。

4cmくらいが限界かとカンに頼り自分で決めましたが、ひと冬越えてみないと何とも言えませんので、どうなることでしょうか?

室内の天井まわり仮設資材を取り除く

小屋の天井まわりはスッキリして、トップライトの明かりがよく入ります。

室内の天井部分に取り付けていた仮止めの梁や仮設資材、足場材をはずして、二本の補強用の梁を取り付けました。

積雪荷重により二本の梁に引っ張りの力がかかりますが、木材は引っ張りに強いので大きな断面の梁は必要ないと考え2×4材にしました。

(長さ3m以上の材料がなかったので、接合部を補強し継いでいます)

おかげで小屋の天井まわりはスッキリして、トップライトの明かりがよく入ります。

小屋の天井まわりはスッキリして、トップライトの明かりがよく入ります。
つぎはぎが多いですが

外部の破風板などを取り付けた。

外部に張りパネルの接合部を隠す、1×6材の板を取り付けました。

ポリカーボネート波板の下に風が吹き込みめくれ上がるのを防ぐために、破風板を取り付けて仕上げました。

施錠のためにドアを仕上げる

現場は山林近くで人通りのない所で、盗難やイタズラ防止のために、小屋を作っている段階でもこまめに施錠しなければなりません。

鍵付きドアノブを取り付ける予定でしたので、施錠のために早く取り付けることにしました。

ドアノブを取り付ける

ドアノブの構造は、どのメーカーも同じような構造
ホムセンでも売ってるドアノブセット

ドアノブの取り付けは3枚のドアを設置したので、3カ所に取り付けなければなりません。

販売されてるドアノブの構造はどのメーカーも大体同じような構造ですが、ドアの木材部分を加工しなければ取り付けできません。

どのドアノブ製品にも取り付け説明書が付いてますので、取付方法や寸法を確認します。

ドアノブ製品に取り付け説明書が付いてますので、取付方法や寸法を確認します。

ドアノブを取り付けるには、木材部に直径22mmの穴を開ける作業がメインで、取付方法はほとんどのメーカーが共通しています。

私が持っているのはドリルビットが21mmしかなかったので、これで強引にグリグリして直径を1mm広げ何とか取り付けました。

手作業ですが木工用ノミがあると、ラッチがしっかり納まり、キレイに取り付けできると思います。

ドリルビットが21mmしかなかったので、これでグリグリして何とか取り付けました。
ドリルビットが21mm

意外と簡単なドアノブの穴あけ

ドアノブ設置のために開ける穴は、大きすぎない方が良い

難しそうな作業に見えるのですが、ドアノブについている図面に従って穴あけしていけば、作業はとても簡単です。

今回取り付けたドアノブメーカーの本体軸が細く、本体穴は小さくても問題ないので、加工はできるだけ小さくするのが良いです。

8mmほどの細いドリルしなか無くて何度も穴あけして穴径を広げたので、本体穴がバサバサになっています。(見えなくなる箇所なので気にしない…)

先にラッチ(下画像の白い部品)を取り付けて、本体軸が入ることを確認してネジ止めしていきます。

先にラッチ(下画像の白い部品)を取り付けて、本体軸が入ることを確認してネジ止めしていきます。
本体軸が入ることを確認してネジ止め

ストライクを取り付ける前に

開口面積が大きい観音開きドアの場合は、ドア部分が枠に当たらずに開閉できることをよく確認してから、ドアの仕上げにかかります。

組み立て中の小屋は、ドア部分の下が当たってしまい、扉がうまく閉まりませんでした。

組み立て中の小屋は、ドア部分の下が当たってしまい、扉がうまく閉まりませんでした。
この画像は調整後なのでバッチリ

丁番の取付位置を変えて枠にあたらないように

5mmほど丁番の位置を上げて、ドア下があたるのを防ぐことができました。

ドアノブを取り付けて完成させてからラッチを受けるストライクを取り付けますが、その前に扉の開閉がスムーズかを確認しましょう。

ラッチとストライクを決めてから開閉の問題に気づいてドアの調整をすると、せっかく取り付けたラッチがストライクに入らなくなり、再び取り付け直す二度手間になります。

ドアの開閉をよく確認してから、ラッチが入るようにストライクの高さを調整しなければなりません。

5mmほど丁番の位置を上げて、ドア下があたるのを防ぐことができました。

ドアの開閉を確認してから、ラッチが入るようにストライクの高さを調整しなければなりません。
4カ所のネジを外し、5mm丁番を上げた。

なので、今日の分の仕上げの前に丁番をずらしてドアがしっかり閉まるように調整してから、ストライクの取り付けをすることにしました。

扉がしっかり閉めることが確認できてから、ストライクを取り付けてラッチが入ることを確認します。

扉がしっかり閉めることが確認できてから、ストライクを取り付けてラッチが入ることを確認します。
ストライクにラッチが入ることを確認

コツは、最後にストライクを取り付けること

ドアノブが完成すると、ついつい先にストライクも取り付けてしまいますので注意

最初のうちは時間がかかりますが、ドアノブ取り付けはゆっくりと丁寧に進めていけば、初心者でも必ず取り付けできます。

コツはドアがしっかり開け閉めできることをよく確認してから、最後にストライクの位置を調整することです。

ドアノブが完成すると、ついつい先にストライクも取り付けてしまいますが、注意してください。

失敗しても補修できるので…

失敗しても木工なので、パテ埋めや接木、ドア部材の交換など補修方法はたくさんあります
ドアノブ取り付けは意外と簡単

ドアノブの取り付けは一見難しそうですが、やってみると意外と簡単です。

ドリルで穴あけしなければならないので、失敗が許されずプレッシャーがかかりますが、もし失敗しても木工なので、パテ埋めや接木、ドア部材の交換など補修方法はたくさんあります。

ぜひ、DIY初心者も挑戦してみて下さい。

⇒ドア仕上げにも使える電動道具

コメント

タイトルとURLをコピーしました