基礎工事

小屋の基礎と建築確認

小屋の基礎は、用途目的に応じて選択しなければなりません。

物置には”重量ブロックや束石”でもOKですが、別荘やガレージには”べた基礎や土間基礎”を検討すべきです。

地震や強風の対策として、小型でも基礎との固定を推奨します。

基礎ブロック(重量ブロック)

重量ブロック(C種)は、高さが10~15cmや、半切りという小さなブロックがあります。

軽量ブロック(A種)は強度が弱いので、小屋に使用しないでください。

土地造成後は基礎が沈下することがあるので、基礎個数を多めに推奨してます。

降雨の影響や雪の重みで地盤が下がります。

水たまりや、水はけが悪いところではご注意ください。

束 石

束石を基礎にする場合の基礎高さは、雨水の跳ね返りや床下通風性を考慮します。

基礎高(地面から床底面の距離)は10cm以上が必要で、冬季に霜柱ができる場所は、根入れを深くし凍上に注意してください。

固定できる羽子板付束石や、4×4差込穴付束石はおすすめです。

DIY基礎の作り方

  1. 屋根サイズに注意して基礎基点を決め、四隅のだいたいの位置を決める。
  2. 基礎の50cm程外周に杭を打ち、水盛りして水平を確認し、杭に印を付けます。
  3. ヌキ等を水平にまわし杭どうしを連結し、コーナーは直角を確認します。「3:4:5」など。
  4. 水糸を張り、束石の位置、水平を確認。
  5. 四隅の水平を確認。基点からそれぞれの水平も確認。全ての基礎を設置。
  6. 実際に床パネル枠を置いて位置、水平を確認。床枠の歪みに注意し連結。

全ての基礎を水平、正確な位置に設置します。

基礎作業だけで何日もかかることもあり、地味な作業ですが、じっくり取り組むのがコツです。

水平調整に砂が万能でおすすめ。

道具

  • 水糸 スプレー スコップ 水平器 のこぎり 砂利、砂 透明ホース バケツ水 木材(タルキやヌキ等)

コツ

排水性を高めるため、砂利や砂をご用意ください。

締め固めると体積が減り、足りなくなるので多めに用意を。

完成後をイメージし高さと基点(四隅)を決めます。

基礎だけで微調整せず、実際に床パネルをのせて調整します。

布基礎、べた基礎

重量ブロックを使った小屋基礎例です。土台材や大引き材、水切りなどはお客様で仕様を決めてご自身でご用意下さい。

土間、ガレージ基礎

鉄筋を組み上げたり、型枠組立、コンクリート養生は専門知識が必要です。

基礎工事だけを近くの業者に依頼するのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました