パネルハウス

ツーバイフォー工法(2×4)

2019年12月までキット販売されていたPANELHOUSEは、耐力壁を構造とするパネル式のツーバイフォー工法でした。

できるだけ工場で組立して現場に持ち込み、屋外での作業を少なく抑えて、総コストを下げる事がパネル式の利点です。

在来工法に比べてビルダーの技術差が出にくく、初心者のセルフビルド向きだと思います。

小屋作りにおススメの2×4工法

ツーバイフォー工法(2×4)は耐力壁と呼ばれる壁面で積雪や風力、地震力などの外力に耐える建築構造です。

時間、コスト節約に

ツーバイフォー工法(2×4)は、耐力壁と呼ばれる壁面で積雪や風力、地震力などの外力に耐える建築構造です。

丸太や板ログを校倉式に組み上げるログハウス工法ではなく、軸組工法のように角ノミでほぞ切りしたり、柱を加工することはありません。

建築工法には、それぞれメリット、デメリットがありますが、ツーバイフォー工法は熟練した加工技術が必要ないので、セルフビルド向きかなと思います。

使用材料

PANELHOUSEで使用していた主な材料の概要です。

  • 各パネル:SPF輸入針葉樹製材(枠材)、国産針葉樹合板材(耐力壁)
  • 屋根:防水シート全面張り、アスファルトシングル仕上げ
  • 床板:国産24mm厚針葉樹合板材

耐力壁となる合板をつかいツーバイフォー工法で躯体を完成させた後に、外壁材は北海道産の12mm厚カラマツ板材を、30mmほど重ねるよろい張りでした。

外壁は北海道産の12mm厚カラマツ板材をよろい張りです。

⇒小屋づくりに欠かせない電動道具2選

屋根材には下地防水シートを敷き、アスファルトシングルを取り付けていました。

アスファルトシングルは住宅にも使用されていて、長期間メンテナンス不要であり、取り付け方法が単純で技術が要らないので採用してました。

⇒小屋に最適!アスファルトシングル

本格建物

雪国の北海道で開発されたので積雪荷重に強い設計で、北陸や東北の日本海側、長野・山梨・福島などの標高が高い豪雪地からの注文も多くいただきました。

窓やドアの開口部を多く設定できないのは、積雪の荷重に耐えるためです。

⇒雪の重みは小屋でも注意

実績と使用例

キットとしては全国に約4,000棟を販売しました。(2019/09で販売終了)

市町村自治体、商工団体、NPO、建築事務所からも多くの注文をいただき、女性や外国人にも人気でした。

市町村自治体、商工団体、NPO、建築事務所からも多数受注しました。
約4,400棟を販売

ニーズは物置から小屋へ

PANELHOUSEの用途目的としては物置や倉庫が最も多く、小屋やタイニーハウスが流行するにつれて、作業小屋や小別荘などの”小屋”として使われるようになりました。

物置は1坪から3坪程度が人気ですが、断熱や換気された小屋としては3坪からが主流です。

新築の横に置く物置がほとんどだったのが、2015年あたりから5坪以上のやや大きいキットの需要が高まり、住宅に近い性能が求められる傾向が強くなりました。

キットを利用して店舗やガレージにも

キットハウスとしては床、壁、屋根があるだけですが、物置として販売してみると、それを利用してバイクガレージを作ったり、小さなお店を計画する方の問い合わせが増えてきました。

基礎や換気、断熱、ライフライン工事など、多くの検討事項がありますが、DIYで安くそれらを作りたいという需要があることがわかりました。

これまでお客様から聞いた使用例

駐車場管理棟、自動販売機小屋、焙煎小屋、卓球練習ハウス、漁業作業小屋、弓道練習場、犬猫小屋(ペットハウス)、書籍保管庫屋、バス待合所、衣類寝具収納物置、陶芸小屋、風呂トイレ、バンガロー、レストラン、ハト小屋、ステンドグラス工房、燻製ハム製造、漬物小屋、焼肉小屋、サウナ小屋、模型工房、切符や券売場、アイスクリーム売場、トレーニングルーム、無線小屋、祠、喫煙室、太陽光パネル管理棟などなど。

木製小屋のメリットとデメリット

DIYでウッドハウスを作る前に完成後の利点や欠点を把握しておくことが大切で、木製小屋にはデメリットもありますので、よく検討してください。

(メリット)カスタマイズや補修がしやすい

アイデアで棚を設置したり、壁掛け金具を取付られるのは木製物置の利点で、収納物が変わってもDIYでカスタマイズしやすいです。

キャンプ用品やスキーなど趣味グッズは、長い形状だったりしてスペースが必要で、室内に置くと危険なモノや汚れやすいモノもあります。

アイデアで棚を設置したり、壁掛け金具を取付られるのは木製物置の利点で、収納物が変わってもDIYでカスタマイズしやすいです。

ノコギリやインパクトドライバーで補修が簡単で、破損部分の一部交換も可能です。

(メリット)室温や湿度の変化が緩やかで自然に溶け込む

木材の熱伝導率はコンクリートの10分の1、鉄の約100分の1

木材の熱伝導率はコンクリートの10分の1、鉄の約100分の1と言われていて、外気温が伝わりにくく、室温の変化が緩やかです。

湿度の変化も激しくなく、結露が現れにくい性質でデリケートな収納物には大きな利点です。

木製小屋の外観はガーデニングや庭園などの外構、自然環境によく溶け込み、無垢板を外壁に使用すると木目が出て木材の良さがあります。

(メリット)廃棄がしやすくSDGsにも…

不要となった木製物置は解体、廃棄処理(木くず)が容易です。(アスファルトシングルは不燃ごみ)

災害非常時に非難小屋として使用したり、解体で出た木材は燃やして燃料にすることもできます。

木材利用に関わる活動は、SDGsへの目標に沿うことになり注目されてます。

(デメリット)メンテナンス(防腐塗料の塗り直し)が必要

木部の腐朽防止は一年に一回程度の再塗装が不可欠で、塗る面積が大きいととても手間がかかります。

再塗装は、木部の腐朽を防いで耐久性を高めるために必要な作業です。

シロアリの食害は警戒が必要で、早期に発見して駆除することが大切なので、いつも小屋を点検する習慣が必要です。

(デメリット) 防火・準防火地域では設置制限がある

市街地の防火・準防火地域では延焼防止のため、物置や納屋でも外壁および軒裏が燃えやすい構造の建物設置を制限されてます。

(デメリット)価格が高く組立に時間がかかる

木製小屋は材料の木材使用量と加工点数が多いため、工場生産されたスチール製に比べると、生産性が低く高価になります。

自分で設計して木材の加工から組立接合、屋根材取付や塗装など作業が多く、置くだけのスチール製に比べて多くの組立時間が必要です。

それだけに量産が向かいないと言えて、木製小屋はセルフビルドすべきなのかもしれません。

⇒在庫品を利用して5.4m×3.6mの小屋作りを紹介、自作する方に

タイトルとURLをコピーしました